RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< 三日間 / EI-ONE&はなび | TOP | もう宣伝だってしちゃう >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
LOVE or HATE / HI-D&TWIGY


1.intro
2.BABY
3.B-I-GHT!
4.Scene1;Passion
5.HYPE LOVE
6.Scene2;Invitation
7.SOUTH LOVEfeat.D.O,JASHUWON
8.Scene3;Alone
9.LOVE or HATE
10.AGAINST THE WORLD
11.YO!LOVEfeat.SHO-TYME
12.LIKE THIS
13.PARTY REMIXfeat.BUTCHER,D.O,JASHUWON
14.AGAINST THE WORLD pt.2
15.outro



★★★★★★☆☆☆☆




名曲「そのまま」のテンションを全編に持ってきてクールな男っぷりを発揮するTWIGYと艶やかな甘い声で曲をギュッと引き締めるHI-D。文字通りの愛憎劇がアルバム通して丹念に描写されて、派手さもHIPHOP的なカッコ良さもないが独特の男たるもんの渋みを感じさせる手腕はこのベテラン二人ならでは。特に寸劇を所々に挟んでコンセプトアルバムとしての姿勢を忠実に貫く中盤までの流れが本当に淀みなくするすると気持ちよく流れていき、非常に心地良い。というか後半部分も非常にいい感じではあるんだけれども、何の意図があってこの位置に収録したのか全くわからない「PARTY REMIX」がそれまでの丁寧な流れを一気に投げっぱなしジャーマンしてしまう。実際聴いて頂ければわかるが本当に「この流れでそんなアガるもん入れんでえぇやろ…」と悶々とした気分になる。旨いラーメンを親指突っ込まれて持ってこられたような感じ。その点を除けば名曲と呼べるようなものこそないが、女の子受け必至な男視点からの恋愛曲の数々が並ぶ。特にこういう体裁をとるアルバムである以上TWIGY以上にHI-Dが奮起していると思う。何度かTWIGY(やD.O)が恋愛の柵を飛び越えていつものズッコンバッコン世界で暴れようとしてもそれを甘い歌声でギリギリの所で抑えている。結構エグイ所まで言及する部分がある作品なのに通して省みたときにきちっと品行方正さを感じるのはそれに拠る所も多いだろう。彼の歌声が綺麗に恋愛を歌うタイトル曲と「AGAINST THE WORLD pt.2」が特に秀でているのもその証明だ。こういう静かな曲でこそその甘い歌声を遺憾なく発揮できている。アルバム全体として見ても全体的に都会の中心にあるホテルの一室のような、騒ぎの中心にありながらもどこかそこだけ隔絶されたような静けさが漂っている。決して派手な作品ではないがきっちりTWIGYとHI-Dがお互いの役割を理解してガッツリ組めた丁寧なアルバムだ。部屋で一人で歌詞カードを見ながらゆっくり聴いてみてください。影のMVPは「SOUTH LOVEfeat.D.O,JASHUWON」からの楽しい流れを一瞬で暗転させた「Scene3;Alone」での女性の一言。
web拍手
01:10 | HI-D&TWIGY | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
01:10 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/97
トラックバック

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--