RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< Noraaah! / NORA | TOP | LOVE or HATE / HI-D&TWIGY >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
三日間 / EI-ONE&はなび




1.始まり
2.もがく
3.時計 feat.ミュージッシャン
4.閃き
5.夜になれば・・・
6.行進
7.一瞬 feat.INDARA CUTE PAN2 from 大和民族
8.カワズとカラス
9.岐路
10.ニュース feat.bonga from THE KAERU
11.続く


★★★★★★★★☆☆





1000円だからとかおまけCD-Rが良いとかそんな付加価値を抜きにした一枚のHIPHOPアルバムとして見た場合、ダメレコからの作品で最もすっくと二本足つけて立ててるアルバムがこれだと思う。要は完成度が高い。それも「非常に」と修飾するより「異常なまでに」とする方がより適切な表現だと思う。彼らの日常をそのまま切り取ってHIPHOPという媒体を通して、ディスクには誰でも経験するような日常の出来事が加工無しに収められている。そして彼らのラップから伝えられてくるそれはどことなくどんより曇った雰囲気を纏って聴き手に伝えられる。こうして出来上がったこのアルバムは背伸びする事無く等身大でのリアルを極限まで描ききれた魁作に仕上がった。はっきり言って日常を見事なまでにそのまま詰め込んだこのコンセプトアルバムは、完成度、アルバムの一貫性という点においては2006年最上位クラスだと思う。これはもうEI-ONEとはなびの手腕の賜物。ダメレコ括りじゃなく単純に日本のシーンの中のMCとして非常にそれぞれ魅力あるラッパーになったと思う。そしてアルバムとしても、二人の魅力を知る箇所としても最大の聴き所は序盤の「始まり」から「時計」までの流れに集約される。「始まり」で静かに溜め込んで溜め込んで「もがく」で一気に葛藤が爆発しもがき、一転して雨と共にそれが冷めて冷徹な語り口になる「時計」。ここまでが素晴らしすぎる。「時計」に至ってはミュージッシャンの相変わらずの無機質ラップがその不気味な雰囲気を更に増幅させている。ここが曲的にも流れ的にも一番素晴らしいと思うんだけど、「夜になれば…」や普通にダメレコのマイクリレーとしても聴ける「一瞬」なんかの出来も良い。2006年作品の中では何故かそんなに目立たなく地味な感じになってるけど、発売当時も一部の方が騒いでたようにこのどんより具合がツボにハマればとことんハマれるアルバム。この普通の日常の中での黒さってのは誰が聴いてハマるかわからない。1000円出して自分の感性と合うか試してみる価値はあるはず。コンビニ弁当に900円出すよりは有意義でしょ。
web拍手
22:26 | EI-ONE&はなび | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
22:26 | - | - | -
コメント
このアルバムは日本語ラップでは一番好きかもしれません、曲でいうと行進と岐路ですかね。聴いてて情景が浮んできます。ジャケも好き!
2009/07/23 10:40 PM by たこ
おぉ〜かなり好評価されてるんですね!!
確かにアルバムに漂うこの陰鬱な雰囲気は好きな人は肩までどっぷり漬かりそうですね。
確かに言われてみれば情景描写って点でも、もっともっと取り上げられて良い作品ですね。
ジャケはオレも好きです!!
2009/07/24 5:41 PM by 遼
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/96
トラックバック

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--