RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< D.M.C / D.M.C | TOP | Noraaah! / NORA >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
スペシャリスト / REAL STYLA



1.イントロ
2.スペシャリスト
3.リアルスタイラ
4.物語
5.アウトロ


★★★★★★☆☆☆☆




走馬党の魅力でもある「男臭さ」っていうのは受け付けないリスナーも多く出てしまう諸刃の剣の性質を元々備えているが、「男臭さ」を目指そうとしてほんの少しでも曲にズレが出れば、ファンでも扱いにくい単に聴き辛いだけの胃もたれ促進楽曲が出来上がってしまう。今作収録の「スペシャリスト」がその典型で、シンプルかつ濃いトラックにMr.RRと三善のむっさいラップ。それが本当に単に「濃いだけ」で、そこからカッコ良さが二次的に溢れてくるようなことは何度聴き込もうがない。個人的にこの曲については何で表題曲にまでしたのか理解に苦しむ。むしろこのミニアルバムではカップリング的扱いで済まされている「物語」を聴いたことのない方に座談会開いて素晴らしさを説くくらいリコメンドしたい。カンノ(フマキラ)の都会の夜の裏道を思わせるような怪しいトラックに二人の流れるようなラップがREALSTYLAの史上でもトップクラスのメッセージソングを作り出す。特にいじめを扱った三善のセカンドヴァースと、焦らしに焦らして最後に登場し荒ぶるQのラップの持つパワーはその濃さがあるが故の圧倒的な力強さ、説得力を持つ。こういう濃さっていうのは上から見下ろしてペダンチックに事を説くわけでも、ゲットーから怨念めいたネガティブメッセージを投げかけるわけでもなく、近所のおっちゃんがビンタ食らわしながら怒鳴るような妙な親近感、それ故の説得力を感じさせる。つまるところこのミニアルバムっていうのは走馬党の魅力を無理に活かそうと狙い過ぎて失敗した「スペシャリスト」と、パワーのギアをいつもと変えて臨んで成功した「物語」が見事に対照的な結果を生む事となった作品だ。製作者の二人が望む結果と真逆になった皮肉が結局は走馬党の持つ魅力はまだまだあると感じさせてくれる。
web拍手
10:52 | REAL STYLA | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
10:52 | - | - | -
コメント
どもです☆試験お疲れっした(実は自分はこれから採点する方だったりします…)。
「スペシャリスト」って原曲は聴いたことないんですが、DJ NAPEYのリミックス集に入ってる方はメチャクチャかっこいいと思いました。リリックもかなり好きなんですけどねー。
「物語」、ヤバそうですね。トラックがフマキラとあってはなおさら。
今度中古屋でコレ見かけたら買ってみます!

2007/01/29 5:57 PM by page3
あっ試験官されてるんですか??
あぁ〜DJ NAPEYのリミックスはカッコ良くなってましたね。
原曲はひたすらズンドコトラックです…
物語は本当にリリックもトラックもRSの中でも良い出来だと思います!!
店頭で見かけたら是非☆
2007/02/04 11:45 AM by 遼
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/92
トラックバック

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--