RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< SELL OUR SOUL / THA BLUE HERB | TOP | 銀河飯店 / ロボ宙 >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
NO HIPHOP NO LIFE / ラッパ我リヤ



1.INTRO(発射)
2.UNDERGROUND SOLDIER
3.ヤバスギルスキルPart.8 feat.TOMI-E、魔梵、MC仁義
4.NO HIPHOP NO LIFE
5.SWING IT NOW SING IT NOW
6.未来
7.SKIT
8.WE ARE SOHMATOH feat.三善/善三、SKIPP、PAULEY、ARK、MINESIN-HOLD
9.MONEY AND THE POWER(金と力)
10.COMIN’AT YA
11.HUMAN BEATBOX feat.太華(MSC/ケルベロス/東京過呼吸倶楽部)
12.LIFE IS ONE TIME
13.VIBES KING
14.HOLIDAY 韻 feat.MINESIN-HOLD
15WALK ON feat.ARK



★★★★★★★★☆☆




10年選手としてシーンの最前線に立ち続けてきた彼らが紆余曲折の末捻り出したひとつのメッセージ「NO HIPHOP NO LIFE」。今までの5枚のアルバムで様々なスタイルを試みてきて賛否両論を浴び、人気も最盛期に比べて格段に落ち、それでも一本気な「漢」としてのスタイルは頑なに貫いて来た彼らが冠するからこそこの直球すぎるタイトルにも重みが生まれる。結局人気が落ちようがどれだけスタイルを変えようが辿りついた所はこれだったのだろう。内容は走馬党ファンを歓喜させた名作である前作「RAPPAGARIYA」の硬派なハードコアなスタイルを踏襲。そしてそこに一般リスナーでも問題なく聴ける程の聴き易さが加味された。これはやはりタイトルにのっとってメッセージ性の強い曲が多くを占めた事、そしてそれによりトラックも土臭いものが少なくなった事などが挙げられる。そして何より声を大にして言いたいのが他でもない我リヤの3人の成長ぶりだ。前作でネクストレベルに到達したQとDJ TOSHIに続き、復調の兆しを見せていた山田マンが今作で完全復活。「SWING IT NOW SING IT NOW」や「MONEY AND THE POWER(金と力)」での高速お経フロウを聴いて1st、2ndを聴いてファンになったリスナーは諸手を挙げて歓喜した事だろう。更に「ヤバスギルスキルPart.8」でもラップもさることながら90年代を思わせる土臭く煙たいトラックを送り出しゲスト陣にうってつけのヴァイブスを提供。正直メインゲストのTOMI-Eより魔梵が目立っている感は否めないがそれなりの曲。そしてタイトル曲や「LIFE IS ONE TIME」、「WALK ON」などのメッセージ性の強い曲が総じて高い完成度を誇ることも忘れてはならない。前作からのハードコアなスタイルをそのまま残しつつも不必要な聴き辛さは格段に減った今作はSUPER HARDやラッパ我リヤ伝説、RAPPAGARIYAなどの名作群よりも初聴の方へ我リヤの入門作として強く薦めたいと思う。しかし3人の完全復活にARKやDJ TANAKENのワーカホリックぶり、加えて爆発力がハンパない「WE ARE SOHMATOH」でもまたもや感じられたMINESINの成長ぶり…。もしかしてここにきて走馬党始まった??
web拍手
16:33 | ラッパ我リヤ | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
16:33 | - | - | -
コメント
★八つは遼さんにしてはちょい辛め・・・じゃないすか?(笑)
今作はほんとバランスがいいですよね。
最後の「Walk On」のQのリリックは今までの彼で最高のものだと思いました。
DJ TOSHIの驚くばかりの成長もすごく大きいですよね。
しかし何と言っても、新たな高みに到達した山田マンの仕事ぶりが一番嬉しかったです。
2006/11/06 4:09 PM by page3
辛いですかね(笑
完成度はもしかすると歴代最高って称しても問題ないんじゃないかって感じですね。
ただ今までにあった「ブチcom.」みたいなモロ走馬党!!って感じのムッサイ曲が無くなったのが少し寂しくて。
まぁだからこそ一般リスナーの方も聴きやすいんですが。
実質☆9くらいに考えていただいても問題ないです。
あと不満があるとすればジャケのチープさくらいですね(笑

山田マンは本当に今作スゴイ事になってます!!
2006/11/07 10:26 PM by 遼
ははぁなるほど、確かにそうかも。生粋の走馬党ファンとしてはちょっとだけ寂しいと(笑)。
しかし完成度から言えば本当に歴代最高だと思います!こんなにコンパクトにまとまった作品というのは、ラッパ我リヤ伝説の頃には想像だに出来なかったのではないでしょうか(笑)?
有無を言わさず今年のベストワンに決定です!!(逆に、走馬党アルバムの方は何故か意外に早く飽きてしまいあまり聴いてません・・・)
ところでさっきGyaoで「No HipHop No Life」のPV観ましたが、これがまたクソやばい!!Qのチョイロン毛はなにげに似合ってると思いました(笑)。
2006/11/10 3:57 AM by page3
そうです(笑
ブチcom.とか真男聴いた時みたいな吐き気催すくらい男汁が出てる曲がなくて、「あれ??初聴やのに全然疲れてないぞオレ??」みたいな我リヤにしては変な違和感を覚えました。
RAPPAGARIYAの辺りから段々アルバムごとに綺麗に纏めれるようになりましたよね〜我リヤ伝説の頃は曲のレベルは高いもののアルバムというより「作品集」って感じでしたから(笑
NO HIPHOP NO LIFEのPVあるんですか〜観てみたいです!!
2006/11/11 12:52 PM by 遼
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/81
トラックバック

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--