RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< NEECH WITH FIZZ / NEECH | TOP | SELL OUR SOUL / THA BLUE HERB >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
NIGHT KAHRIMAN / BEATMASTER
まず本文に入る前に、レビュー本文に書くと長くなりすぎるのでこっちにちょっと先に書かせてもらいます。


−オレにとって本当にカッコいいHIPHOPとしてのライミングとは??


って事で。レビューだけ読もうって方は飛ばして頂いて構いません。

唐突ですが、僕は彼らBEATMASTERこそが日本で韻の踏み方が最も上手かったグループだと思っている。毎回五文字以上踏むわけでも、同じ文章中に3回も4回も踏むわけでもない。踏むのは大体文章中に2回ほどで、踏む文字数も特別多く無い。しかしむしろこれこそHIPHOPとして完成されきった究極のライミングだ、と僕は思っている。最近の風潮では文字数が多かったりだとか、文章中に意味の通る文で何回も踏んだりだとか、ユーモアのある突拍子もない韻だとかがやたら持て囃され「踏み方が上手い」と言われる。
その最たる例が韻踏合組合とICEBAHNだ。誤解しないでほしいのは、僕もこれらのグループは大好きだし、音源も好んで聴いている。しかしその上で言うと、そのライミングは果たしてラップに付随したものなのか??むしろ韻にラップが踏まれているのでは??という疑問がある。まず韻がありきでそこにフロウやラップの内容が付随する事は僕は本来の韻の役割を果たしていないと思っている。勿論本来の型に留まり続けろ、なんて言うつもりはないが、それと韻が前面に出てきてラップそのものがそれに付いていくなんて事はHIPHOPにおいてまったく別次元の問題だろう。
要はそれはそれでカッコ良く僕も好きであるが、「そのライミングはHIPHOPとしては??」という疑問が個人的にはあったりする。更にもっとあえてキツイ言葉を言わせて貰えばライミングを押し出したラップを聴いて満足する人々の感想っていうのは「そんな韻の踏み方が出来るなんてすげぇ!!」ってのがあるわけで、それだけじゃサーカスを見て「そんな事が出来るなんてすげぇ!!」って言ってるのと同じ事だ。(勿論それだけに留まらないフロウやスキルの高さも相まって彼らが名曲を生み出している事も知っているし、だからこそ僕も彼らが好きです。ただここではあえて「韻踏み」だけに焦点を当てた話ですので)
それはあくまで韻の上手さを前面に押し出したラップであって、ラップをカッコよく魅せるために付随した韻ではないと思う。そして韻にラップを嵌め込むタイプの彼らに対して、あくまでラップに韻を組み込むタイプのライマー達がいる。それが走馬党であったり、BEATMASTERだったりするわけだ。前者と後者はよく同じ括りで出されるが、似て非なるものだろう。
で、あくまでも韻がラップに付随するラップをする中で、彼らBEATMASTERのライミングの上手さといったらそれはもうハンパじゃない。文末で数文字踏むだけで、こんなにも言語センスがよく、上手いと思わせられるラッパーがいるだろうか??(特にKO-1)たった3文字程で上手いと思わされ、そこに文学的なリリックが完成する。そして次の3文字に、一連のリリックにワクワクさせられる。彼らこそ天才だと僕が思うのはそういう事で、だからこそ日本で最高のライマー達だと思っている。
勿論他にも色々ライミングについては見方があるだろうが、僕の観点で言えばHIPHOPのラップとしての真の韻踏み屋とは彼らのような男達に他ならないわけだ。

って事でまだまだ詳しく語りきれてはいませんが、
             そういう思考段階を踏んだ上でのレビュー↓






1.INTRO
2.さらに夜へ急ぐ
3.続.哲学と文学の音楽feat.LOVE PUNCH
4.INTERLUDE PT.1
5.人生ゲーム〜花びらPT,2〜
6.TIME OPERATORfeat.BOMBER
7.WHAT’S YOUR NAME?〜成田劇場〜
8.BEATMASTER
9.INTERLUDE PT.2
10.モノクロームの英雄
11.最強の強敵
12.FULL MOON’2000
13.OUTRO



★★★★★★★★☆☆



という事でレペゼン浜松、BEATMASTERの1stフルアルバム。先述した文学的でセンスがキラリと光るリリックを崩す事無く叙情的な曲からアッパーチューンまで卒なくこなす技量は流石。彼らの曲というのはいわゆる「当たり」と「外れ」の差異が非常に少なく、どの作品でも一枚通して揺るぐ事のない安定感を感じることができる。どんなシンプルなトラックでも、派手なトラックでも舌先ひとつでどうにでも味を出せるラップを持っているため聴く側としても出された作品に絶対的な信頼を寄せる事が出来る。一見さんにも日本語ラップを聴きこんだファンにも受け入れられた彼らの評価の高さにはライミング以外にもこの「卒のなさ、安定した仕事ぶり」が挙げられると思う。「人生ゲーム〜花びらPT,2〜」の後に「TIME OPERATOR」のアゲアゲビートが来たって戸惑う事無くすぐにリスナーの方からその世界に順応できるのはそうしたところからだろう。だからといってマンネリ感が漂うわけでもなく、どの曲をいつ聴いても飽きずに聴けるのは本当に凄い。この作品も例外ではなく、特に「さらに夜へ急ぐ」は短めの曲ながらかなり長く聴ける。綺麗すぎるリリックセンスが遺憾なく発揮されていて渋すぎる。こういう噛めば噛むほど味が出てくる曲を作る一方で、SAME TITLEの「BEATMASTER」等のパワー押しの楽曲で一発でカッコ良さを見せ付けてくれる。アルバム中のこの連鎖がたまらなく快感だ。締めを飾る「FULL MOON’2000」も前作の名曲「FULL MOON'99」とは打って変わっての無機質なギターリフが鳴り響くが前作とはまた別次元の魅力を帯びた名曲に仕上がっている。これもまた彼らが確実に進化していた証と言えるだろう。KO-1のラストヴァースに耳が持ってかれる事必至。しかしこれだけ熱く、高く評価してももう過去形でしか彼らを語れないのは本当に残念なところだ。正しく日本語ラップの体現者であった彼らを超えるグループはそうそう出てくるもんじゃないだろう。だからこそ短すぎた彼らの歴史の中で、今なお光り輝くこのアルバムを、いや、どの作品でもいいから手にとって欲しい。きっと他のラッパーにはない「純粋な日本語の力」を感じれるはずだ。因みにOUTROも秀逸。OUTROで感動してリピートしたのはこれが初めて。
web拍手
23:45 | BEATMASTER | comments(10) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
23:45 | - | - | -
コメント
僕も、韻に踏まれている、韻ありきのラップには違和感を感じてました。
こんなこと言ったら韻踏ファンには怒られそうやし
好みの問題やとは思いますが、僕の中では、リリックには中身を持たせてその上で韻を踏んでいるというのが一番です。
だからやっぱり韻踏合組合のラップには違和感を感じてあまり好きになれません。いつも「それってほんまに韻踏むためだけに書いたやろ!」とか感じてしまうんですよねー(一つのスタイルだとは思いますが)。
とは言っても韻踏は大多数の人が大好きで、いまだに好きになれないと言っている僕のような人を見たことがないくらい支持されているので、僕の聴きこみが足りないのはもちろんあると思うのですが…(あっ、でもジャンガルはなんか好きです)

2006/10/29 9:31 PM by こた
オレは韻踏とか普通に好きですが、やっぱりたまに「それはラップしたくてそのリリック書いたの??それともその韻が踏みたいからラップにしただけ??」みたいに感じるときはありますね。
どっちがいい悪い言うつもりもありませんし、そういうスタイルも全然問題ない(むしろ好き)事ではありますが、やっぱHIPHOPで韻を踏むからにはあくまでリリックに付随してる方が個人的には好きですね。
万一韻第一で、その次に他のリリックを書いたりしてるラッパーがいるとしたらオレとしては本当にサーカスと同じような曲芸の類にしか思えなくなっちゃいます。
そういう意味で安易に「こいつらは沢山(or長い文で)踏んでるからすげぇ!!」っていう風潮はどうかと思うわけで。
韻の本当の「上手い使い方」ってそんなもんじゃないと思いますし。(で、最も上手く使えてると思うのがBEATMASTERなわけです)
勿論書いたように韻踏とかアイスバーンはそれだけに留まらない魅力があるわけですが。
2006/10/30 1:29 AM by 遼
分からなくもないっすね。少なくとも語感だけで綴るラップには飽き飽きしてます。もうNITROとかはムリですね。一切興味が沸かない。
韻踏は最近かなり好きになりましたが、なんだかんだでZEEBRAが一番好きだったりします、オレ。熱いメッセージやら巧みな比喩表現やらを盛り込んだライムに勃起します。
2006/10/30 10:38 PM by NMR
いつもレビュー楽しみにさせていただいております。
初心者の自分はレビューされているCDはわからないものの方が多いのですが、それでも、わかりやすい文章は読んでいてイメージしやすくて好きです。

浜松とは静岡県の浜松ですよね…
まさか地元にこんなグループがいるとは知りませんでした。(知らないのは静岡の事だけじゃないけど…)
2006/10/31 3:26 AM by こうし
考えさせられる文章でした。
なるほど「韻に踏まれている」ですかぁ・・・。
個人的意見を言わせてもらえれば、「韻のための韻」に淫するほど無意味なことはないと思ってます。(例えば走馬党作品でも、特に三善氏によくあるそれ系の曲は必ず飛ばします)
そもそもやたらと韻、韻って言いますが、ヒップホップに限らず英語では詩たるもの、韻を踏んで当たり前なんであって、ライムなんていうのはポエトリーというゲームにおける最も基本的なルール以上でも以下でもないわけです。だからこそ、ただ韻を踏むだけでろくなことを書けないヘボ詩人のことを"rhymester"と言うんですよね。
内容ではなく形式に全てを賭ける、純粋な言葉遊びとしての言語表現(ノンセンス)は大好きですが、個人的に、ラップにはやはり最低限の形式を踏んだ上でそれプラス意味のある内容(メッセージ)を求めてしまいます。
2006/10/31 6:27 AM by page3
NMRさん>
ちょっと最近リスナー全体の嗜好も変わってきましたよね。
オレの大好きな走馬党勢も悲しくも一般的には人気がある方とはお世辞にも言えない状況で、そんな中普遍的な人気を誇るZEEBRAはアーティストとして本当にスゴイと思います。
最近は英語を使った押韻が目立ってますが毎回熱いメッセージを乗せた韻はハンパないですね。

こうしさん>
どうも初めまして☆
褒めていただいて光栄です…もっともっと精進します。
地元なんですか??ならば尚更彼らの作品を聴いてみて下さい!!
オレの中ではもうPAGERやブッダくらい崇高なグループですので。
本当に日本語ラップのオーソドックスタイルにして究極の完成形の奴らです。

page3さん>
お久しぶりです☆
オレも三善氏のその手曲(わかるか?とか余談とかですよね??)は特に何も感じませんね…。
それぞれの韻自体を楽しむことは出来ますが、それ以上にも以下にも何も思う所はありません。
そうなんです!!
オレが言いたいのはまさにそこで、韻の本当に有効な使い方ってのはそうやってフロウやラップのリリック、そこに更にスパイス的に加味されるべきものだと思うんですよね(勿論ただ哲学的なリリック書いて韻踏めばいいってもんじゃないですが)
長い韻を踏まなくたって、頭捻って文章中で3回も4回も踏んだりしなくたって、それ以外の形式にも目を向けてラップそのものを作って上手く組み合わせれば、たった3文字の韻でもその上手さってのは届くと思うんです。
2006/11/01 12:37 AM by 遼
静岡県のラッパーってあんまり知らないんで興味あります!しかもすごく思い入れが有られるみたいで…(なんか嬉しくなってくるのは何故?地元マジック?)
今色々聴きたいやつがまだあるんで…、落ち着いたら聴いてみますね!

「韻を踏む」って様々なやり方があるんですね〜!こちらのレビューやコメント読むだけで何も知らないながらも面白いです!!!
この話題、BBSの方に投げかけたらおもしろそうな気がします。
2006/11/01 2:13 AM by こうし
オレも静岡で知ってるのはBEATMASTERと彼らのアルバムに参加している面々くらいですかね…でも本当に彼らは尊敬してますよ。
知ってる人は知っている程度の知名度ではなく、もっと今だからこそ再評価されるべきです。
ぜひぜひ聴いてみてください…でも今は店頭で見かけることはあまりないので探すなら中古か通販ですね。
そうですね〜確かに掲示板で議論してみるのも面白いと思います。
2006/11/01 10:53 AM by 遼
俺も世界一好きなラッパーはBEATMASTERです。

HYBRID MC'Sが特に大好き。かっこよすぎ。
2007/04/05 3:27 AM by 通りすがり
本当カッコよすぎるグループですよねー!!
こういう純日本スタイルなヒップホップは当時出てくるには早すぎたのかもしれませんね…本当に残念です。
オレは一番好きなのはやっぱ「紺碧の痕跡」ですかね。
高速マイクパス大好き。
2007/04/12 11:48 PM by 遼
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/79
トラックバック

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--