RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< 走馬党 SOHMATOH / 走馬党 | TOP | NEECH WITH FIZZ / NEECH >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
続投! 真田人



1.公共毒第2楽章
2.OMATAGA MAKKA
3.Mad Skill 太
4.ゲェムルジョンジェン
5.手乗りウンチョほーり投げ運動feat. ポチョムキン
6.SKIT
7.Z.O.K.U.T.O
8.真田からの手紙 〜Oh my mayonnaise〜
9.Melkweg
10.東京熱烈鬼畜音頭



★★★★★★★☆☆☆




トラック的にもラップ的にもある程度純粋なHIPHOPとしてのハードコアな要素が感じられた前作に対し、今作では様々なテーマに沿ったラップを敢行、ロックやBEATBOX、和風テイストのトラックを使う等自身の楽曲に対する積極的なアプローチが感じられる。そういう意味で今作は真田人がネクストレベルへ到達するための足がかり的な、ギャグラッパーとしてだけではなくアーティストとしての器量が試される、彼にとって重要な意味を持つアルバムとなったと言えるだろう。で、結論から言ってしまえば十分合格点を叩き出したと言えそうだ。イメージ的にその変態性ばかりが先行している感があるが元々ラップの巧さ(特にライミング)は秀でたものがあるためどんなトラックだろうが意外なほどうまく乗れている。特に「Melkweg」や「真田からの手紙 〜Oh my mayonnaise〜」の本来ならばいい感じにメロウな曲に仕上げられるはずのトラック上で、トラックとギャグに徹したラップ、その互いのバランスを壊さずにきっちり成立させる手腕は流石。ポチョムキンとの変態セッション「手乗りウンチョほーり投げ運動」や三善善三がギター、大華がBEATBOXを担当した「OMATAGA MAKKA」などの前作から受け継いだ純粋なカッコ良さも含む曲も多い。前作での「いかにも」なHIPHOPらしいスタイルも意外であったが、今作での様々な側面を見せてくれる意外性も前作に負けず劣らずと言える。特異な彼のスタンスに対して否定的な印象をお持ちで無いなら興味深い作品となり得るだろう。因みに個人的にはふくよかな御方賛歌の「Mad Skill 太」がツボ。
余談ではあるがレビューの参考にと読んだBlastのインタビューが変態発言だらけで、アルバムに対する評価を下すにあたってなんの助力にもならなかったのは内緒だ。
web拍手
17:25 | 真田人 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
web拍手
17:25 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/77
トラックバック
2006/12/01 11:07 AM
とても良いブログですね♪良かったら私のブログも見てくださいね♪
音楽ダウンロード

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--