RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< 3rd eye Contact / BACKGAMMON | TOP | BLACK SUNRISE / BEATMASTER >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
DAKID / WISE`N' SONPUB



1.Wellcome
2.Memento
3.スペース・トラベラーズ
4.Free Fall feat. Himiko
5.Drums Makes Romance
6.火の鳥
7.After The Rain...
8.Simple Walk feat. 舞妓
9.Zambot 3 feat. 来門, Bon-4
10.Nurture Our Nature feat. Takuto
11.SK8 Skit feat. Junnosuke
12.History
13.Departure



★★★★★★★★★☆





何この傑作。風の人のWISEと生音もふんだんに取り入れた柔らかな音を創るトラックメイカー、SONPUBのタッグによるアルバム。自身も関わりの強い東京(町田?)アングラシーンに感じられる情緒的でナチュラルなヴァイブスがそこかしこに感じられめちゃくちゃ気持ち良い。WISEのバイリンガルフロウも日本語と上手く折り合わせており耳に優しく響いてくる。一貫して流れるポジティブな雰囲気はまさに内ジャケの写真の如く綺麗な青空の様。身内を中心に客演を迎えてはいるが完全にWISEの自然体かつリリカルなラップとSONPUBが奏でる明るくポジティブなトラックが支配するこの世界においては影響力は微々たるものであり、このタッグを喰ってゲストが曲の第一線に出てくる事などありえなく、調味料程度の立ち位置。しかしそれは上手くこのアルバムの雰囲気を読めているからの立ち位置であって、この空気に身を任せる上手さがなければ簡単に曲をぶち壊してしまう。アルバム中唯一イマイチだと感じた「Simple Walk」の舞妓がその例。これだけが今作唯一の心残り。やっぱりこういう自然体な気持ち良いアルバムは変に影響を受けないソロ曲の方が映えてくるもの。特に「スペース・トラベラーズ」や「Free Fall」、「火の鳥」の浮遊感のあるトラックでの曲は絶妙な出来。アルバム後半の「History」辺り(というかほぼ全曲ではあるんだけど)もその衒いあり。とにかくこのタッグが生み出す心地良さは他の何ものにも形容し難いものがある。Loop JUNCTIONへの客演から興味本位で聴いてみたがとんでもない傑作だ。絶対にこのタッグでしか作れないヴァイブスがこのアルバムには、ある。これ入れてスピーカーをつければ岩板浴も足湯もアロマもいりませんよ奥さん!!ただ惜しむらくはやっぱり「Simple Walk」。
web拍手
23:10 | WISE`N' SONPUB | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
23:10 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/67
トラックバック

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--