RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< SHOUT OF THE UNDERGROUND / V.A. | TOP | Sympathy II / KEN-RYW >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
THE GARAGEFUNK THEORY / ダースレイダー 



1.IN TO THE HEAVY FUNK
2.GARAGEFUNKY
3.CHIMCHIM
4.地獄へ道連れfeat.ロイ
5.BIG FAT SOUL
6.the OTHASIDE
7.地球を呑むfeat.カルデラビスタ、メテオ
8.LIGHTMYFIRE
9.WARRIOR'S DRUM feat.太郎
10.リ:メイク リ:モデル
11.PASS THE MASH POTATOES
12.DUNGEON DRAGON feat.りんご
13.PRETTY THING
14.KICK A DOPE VERSE feat.ゴーキ



★★★★★★★☆☆☆





再発決定記念。ダースレイダーの2ndアルバムとなる今作。このアルバムから業界の非常識を常識にする1000円シリーズが始まった。りんごが爆発的に売れる前のこの頃はダメレコに関する認知というのは今よりかなり低くて、今作が発売された時も某掲示板でスレを建ててみたが殆どレスがつかなかった記憶がある。そこからの破竹の快進撃。そしてこのアルバムはまさしくダメレコの商業的な面だけではなく、音楽的な面でも原点と言える立ち位置にあると思う。ガレージ感溢れる(批判も多くあった)音質にファンクに「ド」がつくくらいのファンキーさ。曲調や彼のラップからは明るさを纏った徹底的な「黒さ」が噴き出てアルバム全体に充満している。こういったサウンドはハマれば絶対的な中毒性があるもので、このアルバムも例に漏れずどんどん病みつきになってくる。曲単位で言えばやはり比較的聴きやすい「GARAGEFUNKY」や「リ:メイク リ:モデル」、ロイの叫びフロウ絶頂期の「地獄へ道連れ」等が耳に残ってくる。黒さという意味では今作トップクラスの「地球を呑むfeat.カルデラビスタ、メテオ」も外せないところだが、一番強烈なインパクトを残していくのは不揃いのりんごが襲来した「DUNGEON DRAGON」だろう。KENのコミカルラップにヤラれて下さい。最近の各々が好きな音楽性を目指しているダメレコには感じられなくなったドープなドス黒さが漂う。結局はこれが彼らの出発点であり、音楽性の原点だろう。
因みに再発盤に収録されるボーナストラックは原盤のおまけCD-Rについていたものだが、「Garage Funky Remix feat.KEN THE 390,TARO SOUL」は必聴。逆に「MC on Hydra feat.ミュージッシャン,カルデラビスタ,チャカ・パーン,TARO,はなび,環ROY,EI-ONE,KEN THE 390」は余り過度の期待はしない方が吉。
web拍手
08:45 | ダースレイダー | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
08:45 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/57
トラックバック

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--