RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< NEW DEAL PRESENTS SHOW and PROVE /VA | TOP | THE GARAGEFUNK THEORY / ダースレイダー  >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
SHOUT OF THE UNDERGROUND / V.A.




1.パーティーズ ハイ/ オマスガ
2.ありのまま / BOMB SKILL
3.声 / Lug Rungel
4.アドヴァンスィン / MEKOLI
5.七転び八起き / The Fantasista Market
6.Progress / eN
7.LOVE LETTER / ウリフターズ
8.全力疾走 / BLAST RAMPAGE
9.満月 / 代参セクター
10.OUT OF LOVE / NOUS-T
11.現場第一主義 / からくりfeat.JINSEIfrom怪人,DJ OSHOW,ダースレイダー,MOTOY,洛陽船



★★★★★★★☆☆☆




アングラシーンには露出こそ少ないものの、まだまだ凄い奴らが蠢いている。徹底した現場主義を貫くラッパー達をコンパイルしたアルバム。全国の現場第一主義者の中から選ばれた10組。CDでとはいえそれぞれの地方に居ては滅多に聴けない、彼らの貴重な音源を聴けるという意味で非常に価値のあるアルバムと言える。僕自身知っているのはラストに収録されている「現場第一主義」の面々(からくり、KAIJIN、DJ OSHOW、ダースレイダー、洛陽船、MOTOY)くらいのもの。そしてアングラ代表者たちによるこの曲がこのアルバムの主張を全て詰め込んだ締めに相応しいドデカイ一発だろう。主役のからくりより、珍しい呟きフロウのダースよりもDJ OSHOWと洛陽船のTWINKLEがおいしい所をかっさらっていった気もするが。
そして他の曲となると、意外にもポジティブなメッセージやラブソング、ポップテイストを含んだ曲が目立つ。そしてその全てのレベルが相当に高い。安っぽいハーコーが持ち上げられる風潮は終わりに近づきつつあると言っていいのかもしれない。特にLug Rungelの「声」、ウリフターズの「LOVE LETTER」なんかは音楽として完成度高し。それにしてもこれくらいの韻の巧さがスタンダードとなっているのは凄い。他に印象に残ったのは詩的なリリックが良い代参セクターによる「満月」とNOUS-Tの「OUT OF LOVE」の二曲かな。全体の基準レベルの高さから穴となる曲は見つからないと言っていい。但しゴリゴリのカッコ良いサウンドを求めている方にはあまりお薦めできないかも。しかしその逆の方は是非。メディアよりフライヤーの常連。やっぱりまだまだ全国の箱には凄い奴らが蠢いていた。今作はVOL.1という事らしいので、VOL.2に大いに期待したい。
web拍手
16:28 | V.A.2 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
16:28 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/55
トラックバック

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--