RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< 3on3 sound track /V.A. | TOP | BACK BACK 2 / MURO >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
VALON / ILMARI×Salyu




1.VALON
2.VALON-MOLD MIX-




★★★★★★★★★☆






HIPHOPという音楽を聴いている中、色んな場で感じるのがHIPHOPに対する保守的な姿勢である。やたらとこれはHIPHOPだ、あれはHIPHOPではないと蛙鳴蝉噪でムリに線引きしたがるリスナー。勿論批判されて然るべき偽者も多く蔓延るが、同時にポップだというだけで批判にさらされてきた実力派も少なくない。その最たる例がキングギドラが「公開処刑」でdisした後のRIPやKICKに対する聴き手のバッシングだろう。日本のHIPHOPの保守的で扇動され易い姿勢が一般人にも見える形で露呈した出来事であり、僕個人としては今となってはこれを恥としてみている。なんというかね、HIPHOPかどうかなんてそんなに大きな問題なのかと。HIPHOPっていうのはその枠から少し出るのも、その枠に入ってこられるのも許さない、不可侵で崇高な音楽なんですかと問いたい。勿論中途半端な姿勢で携わろうとする奴は問題外だが。もっと純粋に色んな音をHIPHOPの枠に捕われず、「音楽全般」として楽しむべきだと思う。アングラ、ハードコアというだけでHIPHOPだ、と持ち上げる輩。売れてる、キャッチーなメロディというだけであいつらはセルアウトだ、あんなのはHIPHOPじゃないと言う輩。そんな馬鹿みたいな意見には正直ウンザリだ。
前置きが長くなってしまったが、そうした中で放たれたこのシングルはまさしくHIPHOPかどうか、なんて事だけで音楽性そのものまで評価しようとする奴に送り付けたい素晴らしい一枚である。ジャンル分けする事も愚かしく思えてくるような不思議な音。構成だけ見ればILMARIのラップにSalyuの歌と、今までにもよく聴いてきたラッパー×シンガーのコラボなのだが、この独創性は革新的。ILMARIも「語り」としてのラップはあまり見せず、どちらかというと歌い上げる方に重みを置いている。元々甘い声質のためこの幻想的なトラックにも非常に適応し、RIPのILMARIとはまた違った魅力ある一面を見せてくれる。そしてILMARIと同等以上の存在感を見せ付けてくれるSalyu。今回始めて耳にしたがその鼻にかかった甘い伸びる声は天性のものを持っている。サビを中心にの仕事だが今作の鍵を握っていると言っても過言ではない、それほどまでにこの名曲において重要なファクターを担っている。
言葉で説明するのも難しい独特な空間を創りだしている名曲で、もっと話題にならなかったのが不思議なくらい。幻想的な空間でのその「癒し」のヴァイブスは空前絶後であるといえる。日本のシーンに対しての問題提起、革新性、異色性、そして圧倒的な魅力。非常に稀少な異色作品であり、かつ正統派な名曲だ。RIPはWACKだとか、あれはHIPHOPだ、あれはPOPだ、売れたからもうリアルじゃねぇとか。そんな事ばかり言って枠組みばかり気にしている輩に着払いで50枚送りつけるべき作品。
web拍手
01:35 | ILMARI×Salyu | comments(14) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
01:35 | - | - | -
コメント
管理人様の意見と同意見です。

もう、私が思っていたことを全部言ってくれました。
2006/05/14 3:20 PM by サイジョウキュウ
ありがとうございます!!
なんかHIPHOPを他に比べて持ち上げすぎだと思うんですよね。
ジャズ・ソウル・ファンク・ロック等の音を取り入れたHIPHOPとかは「新しい!」「今までにない感じでヤバイ!」とか言うくせに、他のジャンルがラップやHIPHOP要素を取り入れると「HIPHOPを舐めてる」「HIPHOP以外でラップなんてするな」とか。
なんかそういう意味では自分からの戦争は厭わないくせにテロをされるとブチ切れるアメリカみたいな姿勢に見えて。(皮肉をこめて)
スケールにしろ思想にしろ音楽そのものに対するスタンスにしろ、日本のHIPHOPシーンてスケールがちっちゃいんですよね。
一度デッカイ意識改革をしないとどんどん狭い枠での限られた、似たり寄ったりなHIPHOPばかりになってしまう気がします。
長文&偉そうですいませんでした。
2006/05/14 4:23 PM by 遼
またまた考えが一緒です、ヤバイくらいに・・・。
私は管理人様のようにうまく言葉で表せないですが・・・。
本当にごもっともだと思いますね。
2006/05/15 4:13 AM by サイジュウキュウ
もっともっと新しい事をしてほしいですね〜!!
守る事と留まる事は違いますし。
そうした中でアメリカ風とは違う「日本語ラップ」が出来てくるんでしょうし。
2006/05/16 11:11 PM by 遼
そうですよね。もっと色んなことしてほしいです!
日本独自の演歌×hiphopとか面白そうです。
UZIのひとり酒は演歌を意識したっぽいですが・・・。

知ってると思いますが、韻シストというグループも新しい感じの良い音を聴かせてくれますよ。
2006/05/16 11:41 PM by サイジョウキュウ
UZIのひとり酒は持ってます!!
曲の良し悪しは別として、ああいう姿勢は大好きですね。
韻シストはHERE WE GOだけあります!!
生バンドでの音ってのはまた打ち込みとは違う魅力があっていいですよね☆
逆にロックにHIPHOP要素を取り入れてるグループとしてZAZEN BOYSも外せないです。
その中間にいるライムサイエンテストも中々!!
2006/05/17 10:03 PM by 遼
そうですよね。生バンドは打ち込みと違って、臨場感(?)があっていいですよね。

ZAZEN BOYSってHIPHOP要素入ってるんですか!?
ライムサイエンテストも知らなかったです・・・今度チェックしてみます!

管理人様は誰の曲からhiphopの道に入ったのですか?
私はDragonAshからでした。
ZEEBRAには悪いのですが、kjの方が聴き易くて好きでした。
2006/05/18 7:19 PM by サイジョウキュウ
ZAZENはカッコいいですよ〜!!
確かK-DUBもdisってます。
ライムサイエンティストはHIPHOPにロックの音って感じですね☆
実はこの前ようやくその曲聴いたんですよね(苦笑
ZEEBRAよりもKJよりもACOのHOOKが一番好きになったオレってやっぱ少数派っぽいです…
オレはDRAGONASHでもZEEBRAでもDA.YO.NE.から入ったわけでもなくSteady&coのSTAY GOLDからですね☆
割と特殊な入門の形かと…
2006/05/19 2:50 PM by 遼
Steady&coいいですよね!
私も最近になってもう1度聴いています。

>>確かK-DUBもdisってます。
ZAZENがDisられているということでしょうか?
2006/05/22 2:26 PM by
でもSteady&coもアルバムは持ってなかったり…
まぁ中古店で250円とかで売ってるしOnly holy storyのPVが良かったので買おうかな〜と。
同じく安価で出回ってる麻波25も迷い中…RYWとかが参加してたので気になってます。

あ、いえZAZENがK-DUBをdisってるんですよ〜!!
語弊があってすみません。
2006/05/23 5:49 PM by 遼
買った方がいいですよ!自分の中ではクラシック級です。
マッハもいいですよね。解散したのがすごく惜しいです。休止のスケボーキングも・・・。

ZAZENがDisってるんですか!これは聴かねばいけませんね。
2006/05/23 6:49 PM by サイジョウキュウ
そうですね、皮肉にも中古店ではかなり安く買えるので今度買ってみますね☆
SBKは聴いた事ないんですよ〜マッハはSOSC参加の黄金のカルテットとRYWが気になってます…てかRMX版のリミキサー陣豪華すぎですよね笑

ZAZENはマジでカッコいいですよ〜リリックもかなり深くてメッセージ性ありますし。
2006/05/30 3:35 PM by 遼
本日、偶然にもSalyuのライブを観る機会に恵まれたのですが、自分は声量に圧倒されっぱなしでした、隣の女性は泣いていました。自分が知ってる曲は一曲もやってもらえませんでしたが、名画をみた後のような余韻に浸れたのでいうこはありません。
2009/08/18 11:27 PM by たこ
Salyuのライブ行ってみてー!!(アルバム一枚しか持ってないけど)
羨ましいです。
彼女の作品からは徹底した芸術家気質みたいなものを感じますよね。(アルバム一枚しか持ってないけど)
Bjorkみたいなタイプで、日本には中々いない感じじゃないかと思うしこれからも精力的に活動してほしいですね。
2009/08/20 1:59 AM by 遼
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/47
トラックバック

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--