RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< STILL GROWING / V.A. | TOP | VALON / ILMARI×Salyu >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
3on3 sound track /V.A.




1.エンターテイナー/ラッパ我リヤ
2.カスタマイズ/MABO from N.M.U.
3.CRIMINAL JUSTICE/G-DX feat. FRISCO KID
4.時の流れに身をまかせ/K DUB SHINE feat.DJ OASIS,童子-T
5.♯844/山田マン
6.HILL&GULLI SMOKERS/BLACK SMOKERS feat.KING MONGOL
7.HONBAN 2003/FIRSTKLAS feat.AKTION,Q,山田マン,MINESIN-HOLD
8.BOOM!!!!!/MINESIN-HOLD
9.やったらイイやつ/山田マンfeat.BACKGAMMON,INDEMORAL,三善/善三
10.♯9629/山田マン
11.さわげ/ラッパ我リヤ



★★★★★★★☆☆☆





ラッパ我リヤ主演の映画「3on3」のオリジナルサウンドトラック。映画の方は正直アレだが、このCDの方は走馬党関係を中心として中々楽しめる出来となっている。明るさを装いながらもどこか土臭い、都会の裏側を感じさせるトラックが占め、単にオムニバス作品としてみても中々バランスのとれた作品だろう。
ただこの頃のラッパ我リヤというのは先のアルバムで受け付けない方が続出した山田マンの高音高速ラップ、我リヤ全体の求める曲調の変化(要するに明るいパーティーチューン路線)が顕著に表われていた頃で、ハッキリ言ってファンの間では最も評判が悪かった時期だ。事実今作の参加曲、「エンターテイナー」、「さわげ」にしても緩々な曲で僕としてはあまり好きになれない。もっと率直に言ってしまえばこのアルバムを通して全く印象に残ってこない。かろうじて「エンターテイナー」のHOOKが特徴的だったことくらいかな。そういう意味でも現在またゴリゴリのハードコア路線に戻ってくれて本当に良かったと思う。
しかし逆にその他の曲となると良曲揃いで、ABC集合曲の「時の流れに身をまかせ」はOASISの和風テイストなトラックに乗る三人の自伝的リリックに耳が惹きつけられる。我リヤとは対照的にゆる〜い曲調も良く似合う彼らの持ち味が存分に発揮された曲だろう。K-DUBのHOOKも印象的。MABOによる「カスタマイズ」は泥臭く機械的なトラックに乗せての二人のラップ合戦。速いテンポでのラップが似合う二人だが今回は僅差でDABOが上かな。巧さを見せ付けてくれる。そして走馬党ファンにとって逃せないのが「HONBAN 2003」、「やったらイイやつ」の二曲。「HONBAN 2003」は我リヤのアルバムに収録されたREMIXより男臭くてお薦め。でもこの曲は走馬党勢を抑えてAKTIONが魅せてくれる。初っ端のラップはインパクト大。つくづく声質は恵まれたものを持っているなと感じた。走馬党勢が殆ど集結した「やったらイイやつ」はやたらカッコ良いタナケンビートに乗せてのいかにも走馬党らしい一曲。誰もが良い仕事をしているがあえて選ぶとすれば三善善三とPAULYのカッコ良さか。韻踏み具合が半端ない。これは走馬党好きには外せない一品だろう。
正直我リヤの曲以外にも「CRIMINAL JUSTICE」など印象の薄い曲はあるのだが、全体通しての聴き易さ、そして中盤の粒揃いの楽曲群のおかげであまり評価を下げるには至らない。SKITも全く邪魔にならないし隠れた佳作だ。何気にHIPHOP関連の映画のサウンドトラックは良作揃いなのだが、時期的にもこの作品はそれらの先駆けとなるアルバムだろう。
web拍手
15:45 | V.A.2 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
15:45 | - | - | -
コメント
映画の方はかなり酷かったですよねw
大爆笑もんでした。
2006/05/06 10:48 PM by たけし
映画はちょっと…
本人には悪いですがあそこまでブッ飛んでるのをマジにやられても…って感じでしたね(苦笑
2006/05/08 10:32 PM by 遼
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/46
トラックバック

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--