RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< 娯楽の殿堂 / マイカデリック | TOP | STILL GROWING / V.A. >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
DOUBLE IMPACT E.P. / V.A.




1.INNER CITY GROOVE [BLOW UP REMIX]//ZEEBRA/T.A.K THE RHYMEHEAD/UZI Zeebra
2.INNER CITY GROOVE [T.A.K'S AM4:00 MIX]//ZEEBRA/T.A.K THE RHYMEHEAD/UZI
3.100万光年のやさしさが注がれる限り [ORIGINAL VERSION]//INDOPEPSYCHICS FEATURING OSUMI AND DEJJA
4.100万光年のやさしさが注がれる限り [DJ KENSEI'S REMIX]//INDOPEPSYCHICS FEATURING OSUMI AND DEJJA
5.INNER CITY GROOVE [ORIGINAL VERSION]//ZEEBRA/T.A.K THE RHYMEHEAD/UZI



★★★★★★★★★☆






1997年4月9日発売。ZEEBRA、UZI、T.A.K THE RHYMEHEADから成るT.O.P. RANKAZの音源といえば多くの方が思い浮かべるのがコンピアルバム「SHOCK TO THE FUTURE」に収録された「INNER CITY GROOVE [ORIGINAL VERSION]」だろう。しかし僕はこの曲を「SHOCK TO THE FUTURE」で聴いたとき、イマイチいい印象を持てなかった。日本のHIPHOPシーンのひとつの節目であったあの時代特有のきな臭さ、いなたさは確かに感じるのだがどうにも(特にトラックが)迫力不足。この三人の曲としては心から満足できるものではなかった。正直その「INNER CITY GROOVE [ORIGINAL VERSION]」に対する思いは今でも変わっていない。
しかしこのEPで耳にした、2つのREMIXバージョンの素晴らしさはどうだろう。同じ曲であるにも関わらず、REMIXでこの三人の陰と陽を余す事無く感じれた気がする。ZEEBRAによる「BLOW UP REMIX」verのオリジナル版とは打って変わっての激しいハードコアぶり。およそ原曲からは想像もつかないほどの三人の変貌。シーンのど真ん中に君臨していた彼らがこんなに荒々しく吼えればそれはもうとんでもない迫力だ。90年代のHIPHOPでも最高級のカッコ良さ。クソDOPEなクラシックである。反対に極上のCHILL曲に仕上がっているのが「T.A.K'S AM4:00 MIX」で、T.A.Kの洒落たトラックと三人のラップが非常に心地よい空間を造り出す。ラップのリリックは同じなのにこの三曲三様の変わり具合は凄い。皮肉にも正直更に僕の脳内においてオリジナルverの居座る場所を奪っていった。そしてこの「INNER CITY GROOVE」のカップリング扱いで済ますには余りにもったいない魅力を秘めているのがOSUMIとDEJJAによる「100万光年のやさしさが注がれる限り」だ。哀愁漂うトラックにOSUMIの日本語の語感を活かした繊細なリリック、そしてDEJJAのHOOK。OSUMIの名曲「空を取り戻した日」を彷彿とさせる、ファン必聴の彼の作品の中でも上位に食い込むであろうクラシックだ。
90年代のHIPHOPの光と影の部分をたった5曲で見事に描き出した作品。実質2曲でここまで満足のいく作品は滅多に出るものじゃないだろう。あの頃にしかなかった日本語ラップの魅力をこれ以上ないほど詰め込んだ素晴らしいEPだ。日本のHIPHOPはこんなにカッコ良いんだ!!!!
web拍手
01:24 | V.A.2 | comments(6) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
01:24 | - | - | -
コメント
懐かしいですね〜この曲。
この辺りから数年間は個人的に当たりばかりの年な気がします。
でも自分はアナログの方に収録されているDJ KEN-BO作の#302 SH*T Versionが一番好きですね。FUNKYなトラックに高くも低くもないノリで繰り広げられるマイクリレーは絶品です。
2006/05/01 12:41 PM by K.EG
ウチのブログはオレの貧弱な経済事情もあって
新譜中心というわけではないので…☆
だからたまにこういうのも出てきます。
アナログの方は知らなかったです〜是非探して聞いてみたいですね!!
2006/05/01 1:59 PM by 遼
いやいや、こうゆう最近聴いてなかった曲を思い出させてくれる意味でもブログを見る楽しさがありますから。これからもドンドンお願いします。

アナログ盤の相場は普通に300〜1000以下と言ったところなので是非聴いて欲しいですね。
イントロではMUROの声ネタが飛び出したり見まわそうのトラックが一瞬出てきたりとKEN-BOらしい面白いつくりですよ〜。
2006/05/02 5:14 AM by K.EG
はい、割と90年代の音源は持ってますのでまた書きたくなってきたら書いていきたいと思います!!
そうですか!!でも今まで出合った事がない…☆
あの頃の曲っていい意味で内輪でまとまってて独特の連帯感、それによる温かみのあるハードコアって感じで好きです。
2006/05/03 12:44 AM by 遼
連帯感、解りますわ。今はあの頃の全体で上がっていこうってゆうのがあんまり作品に表れないような気がします。
そうゆう意味でも良い時代の音源ですよね〜。
2006/05/04 10:12 PM by K.EG
いい意味で内輪ノリというか、全国にシーンが広がってなかった頃ですよね。
もうあんな時代は二度と今のシーンでは有り得ないでしょうし、貴重な時代だな〜と思います。
2006/05/06 3:49 PM by 遼
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/43
トラックバック

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--