RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< WONDER WHEEL / サイプレス上野とロベルト吉野 | TOP | RHYME RHYTHM #2 / MOTOY >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
TOKYO TRIBE / ZINGI


1.INTRO feat.Ganxta DX
2.闇夜鴉
3.TOKYO TRIBE
4.2XXX prod.DJ KRUSH
5.馬鹿はどっちだ
6.DAMAGE
7.我道烈伝
8.RHYME遊戯 feat.DANTE, SKIPP (NOROY),OCHI, LITTLE (音戯),POLEE-K,IQ,DEPAS, SPPITE (FUSION CORE),BIG-JOE, WATAMAN (RAPPAZ ROCK)
9.空空理
10.不良少年
11.OUTRO

★★★★★★★★★

ZINGIは、リーダーのMC仁義、凱(GUY)、MAR、DOHZI-T(童子-T)、DJ BASS、GM KAZからなるHIPHOPグループ。1989年にECD主宰のイベント"Check Your Mike"で優勝し、渋谷クアトロでHIPHOP勢として初のワンマンライブを成し遂げるなどの実績を持つ。本作は3rdアルバム『』でロックに寄った方向性を再びHIPHOPに戻し、それによりDOHZI-Tもカムバックした、満を持しての4thアルバム。1996年2月21日発売。

ようやく形を成してきた日本のHIPHOPにおいて、いわゆる「アンダーグラウンド型」のHIPHOPの中でも、更にディープなところに潜むのが本作だ。ジャケットや参加メンツを見て、このアルバムに現在まで続く「不良のためのHIPHOP」の源泉を感じたなら、その感覚は正しい。MICROPHONE PAGERがHIPHOPの基礎的価値観を説き、キングギドラがHIPHOPを使ってラップを社会的価値観へ投入したとするなら、ZINGIは不良のための、HIPHOPの持つ最もダークな側面を提示して見せたと言える(この当時彼ら以外にこのスタンスを採っていたのはGANG-Oくらい?)。

そのスタンスの集大成と言える本作では、自らを鴉に例え街の裏側を覗かせる「闇夜鴉」、狂ったオルガンがリスナーを戻れなくさせる「TOKYO TRIBE」など、名曲のほとんどでKAZUO ISHIJIMAが中心となってトラックを手掛ける。更にこの世界観に当時のDJ KRUSHがマッチするのは自明であり、DOHZI-Tが今よりもずっと「自分で練った」ライムを吐き出す、将来を見据えた「2XXXX」での音は、DJ KRUSHの名曲「KEMURI」なんかの頃に近い質感があると思う。

中でも6分に渡って「オレスタイル」を貫くことを延々と宣誓する「我道列伝」は紛うこと無き名曲だ。後述のように、あえて欠点を挙げるならフロウの弱さがことに目立つ本作だが、他の曲と異なりビートの跳ねを重視してラップとがっぷり組んだこの曲は、今でも素直にラップそのものを楽しめるクオリティだ。特にMC仁義とMARのヴァースは、曲名を引用して締め括るベタな手法ではあるのだけれど、良い。

"馬鹿ばっか" とHOOKで連呼するだけの「馬鹿はどっちだ」のような、今に比べると洗練されていない曲の作り方であったり(それでもカッコ良いのだけれど)、この頃のHIPHOP全体の傾向としてフロウが全員似たり寄ったりのため、差別化のためにややキャラ芸のような寸劇、声色の変化に逃げる部分があったりと、今聴くとそのスタイルの目的に反してやや滑稽に聞こえる部分がないでもない。しかし、現代のHIPHOPに馴染んだ耳を持つ人間としてそうした要素を差し引いても、本作はなお名作の水準にある。「知る人ぞ知る」レベルの位置に留まってはならない一枚。一時の「不良型のHIPHOP=ダサい」の定式が崩され、MSCやSD JUNKSTAなど、このタイプのHIPHOPも多様化してきた。そうしたアーティストからHIPHOPに入ったリスナーも、本作で彼らの原点を確認してみてはどうだろう。

ちなみに彼ら主宰のイベントと同名の「RHYME遊戯」は、フリースタイルでマイクを回すゆる〜い出来なので、クオリティについて期待は禁物。NOROY(現INDEMORAL)やFUSION CORE、LITTLE、BIG-JOE、OCHI(FRAGRANCE)といった面々の若かりし日の声が聴けるのは貴重だが、まぁ名盤たる本作のオマケ程度ということで。


web拍手
06:24 | ZINGI | comments(4) | -
スポンサーサイト
web拍手
06:24 | - | - | -
コメント
童子やMC仁義にもこのような時代があったんですよね…

童子は嫌いになれないのですが、いわゆる携帯世代を代表するラッパーになったのは残念です。MC仁義はアニソンDJのイメージが強いですね…

今のB-BoyはTokyoTribeって言われても井上三太のマンガしかわからないんじゃないかと思います。
2011/02/13 9:47 AM by 銀二
銀二様>

どうも、いつもコメント下さりありがとうございます!!

僕は童子の今のスタイル自体には特に文句はないんですよねー。
元々浜崎あゆみに客演したり、FGとの方が繋がりが深かったり、ABCとしての活動以外は元々そういう姿勢でしたから。
ただ音楽的なレベルについては、さすがに薄っぺらくて擁護のしようがありませんね。
あのボソボソラップを辞めてZINGIの頃みたいな自然な発声でやれば良いのにといつも思います。

MC仁義のそっち方面での活動は全然存じていないのですが、そんなにアクティヴに活動してたんですか?

井上三太のマンガと言えば一応Tokyo Tribeと隣人13号は読んだことがあるのですが、あの絵とストーリーは素人目には並以下にしか思えないのですが、なぜあんなに人気があるんでしょう…。


何か今回は全体的に刺々しいコメントになってしまって申し訳ありません笑
2011/02/16 6:30 AM by 遼

おつかれさまです!!
このレビュー観たあとにネット見てたら
zingiが新曲だしてました!
まぁ内容はアレでしたけど、、
予想通りっちゃ予想通りやけど
やっぱしなんかな、、って感じでした。

童子の新しいアルバムでも
zingiの曲ありますよね
そっちもやっぱし良くなかったですね、、

でも、このアルバムはだいすきです!!
あの変に不気味な雰囲気は
この時代にしかないですよねー
2011/02/16 9:18 PM by といざらす
そうなんですよね。
これを書いた翌日に新曲がアップされててビックリしました笑
あの曲はもうMC仁義イズムが全面に出て、凄く扇動的な内容でしたね。
あのヴィジュアル系的な啓蒙感は、今の時代では苦手な人も多そうです。
まぁ、個人的には曲そのものよりもPVが余りに痛々しくて見てられなかったのですが…。

童子のアルバムのは聴いてないです。
『One Mic』のときは「安易な再結成はしない」ということで作中の曲「ZINGI」にも参加しなかったと記憶していますが、なぜこのタイミングで参加だったんでしょうね?

本作の持つアングラ感って結構独特ですよね。
いかにもな90'sトラックじゃなくてクリアで尖った音で仕立てられてるのが、この時代の他の作品と比べて独特でカッコ良いです。
2011/02/21 8:45 AM by 遼
コメントする











06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--