RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< ◎≠ / あるぱちかぶと | TOP | WONDER WHEEL / サイプレス上野とロベルト吉野 >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
THE RED MAGIC / AK-69


1.No.69
2.The Red Magic
3.Public Enemy
4.Judgement Day
5.My Time
6.Champagne Boyz
7.Hollywood feat.TWO-J
8.Skit
9.MIC TEST
10.I.M.P. feat.ANARCHY
11.I DON’T GIVE A FXXK feat.MACCHO
12.SOLDIER SONG feat.CITY-ACE、G.B.L、A-1、DUCK & MAKER、MINISTA K.C、THREE-A、KJI、CRAY-G
13.街模様
14.It’s OK feat.AI
15.BECAUSE YOU’RE MY SHAWTY
16.CUT SOLO feat.HI-D

★★★★★★★★☆☆

Ak-69の5thアルバム。2011年1月26日発売。

日々の生活の辛さを嘆き、将来について悲観するアンダーグラウンドミュージックだけがHIPHOPなのだろうか?音楽は、現状だけでなく、夢を見るためのものであっても良いはずだ。仰々しい、決して現実を見ていない歌詞を吐き出しては、自称リアリストのアングラリスナーから後ろ指を指され、それでも成功を夢見る。そうして「オレはビッグになる」と連呼していたアーティスト達が置いていったマイクがうず高く積まれた上に立ち、AK-69は遂に、その夢想と嘲られた言葉たちを、日本のHIPHOPにとっても久方ぶりに現実のものとした。笑っちゃうくらいにハードコアなスタイルはそのままに、オリコン3位に堂々と食い込み、インディーズにも関わらず初動で26000枚捌いた彼のリリックを嘲笑うことの出来るリスナーはもう居ない。 

"地下で進められた研究 だが今  日の目浴びそうさThank You"(「The Red Magic」)。もう一度言おう。AK-69が夢を見るたびにクスクスと笑っていた、「HIPHOP通」を気取る、本人たち曰く「現実が見えている」リスナー達はもう黙るしかない。 

"売れたくねぇ ならなんで売るCD 訳わかんねぇ メッセージ伝えたいだけの活動なら全て無料でどうぞ メジャーにいかねぇアンダーグラウンドじゃなく メジャーに行けねぇアンダーグラウンド"(「MY TIME」)。自らの現実に音楽を寄り添わせて「リアル」と呼ばれ安堵しているラッパー達を尻目に、彼は音楽に現実を追いつかせたのだ。

恥ずかしげも無く寸劇を披露したあと、後ノリでゴリゴリ前進する「PUBLIC ENEMY」や、細かいが "言っとくがめんどーだもんで"  辺りのフロウにパワフルな成長を感じさせる「No.69」など、ド派手な仕掛けをそこかしこに設置したバブリーなHIPHOPは、音楽的に今までと特に何が変わったわけではない。

むしろ音楽性そのものより、ラップが間違いなくタフになった。前述の「No.69」での捌き方はもちろん、「Judgement Day」では、ズッコケそうなほどダサいオートチューンの歌HOOKの損失分を取り返して余りあるほどヴァース部分が逞しい。

そのことと前述の言動と結果が一致したことによる頼もしさが相乗して、本作でのAK-69はとにかくラップで唸らせてくれる。 "空気? 読む必要ねぇ どこでも持ち込む俺んたの流儀 ハリウッドでも日本にいるみたく振舞うぜよろしく"(「Hollywood」) "これともすれば国家問題だぜ 用意はいいか焦る首相"(「The Red Magic」)なんかのリリックは、いかにもハーコーラップらしい尊大なオラオラ感に加え、これらのラインをドカンと耳に押し込んでくるだけのラップの力強さをAK-69が備えたからこそ、強烈に印象に残ってくる。

地元のフックアップシットである「SOLDIER SONG」を除き、ANARCHYやMACCHOといったパワープレイ要員に限定したゲストラッパーも、それを更に補強するだけのパンチを真正面から打ってくる。「I.M.P.」でのANARCHYなんて、「24 Bars To Kill」でも一切魅力を感じなかった僕の中のANARCHY評を久方ぶりに上げてくれた。日本でラップスキルの極致に最も近い一人・MACCHOに至っては、過去最高の調子で飛ばす本作のAK-69すら食う勢いだ。OZROSAURUSの4th以降続く彼のハイトーンボイスは、徐々に洗練された結果、以前よりリリックが耳に届くようになったと感じるので個人的には大歓迎。

AIやHI-DといったHIPHOP畑お馴染みのシンガーを迎えての楽曲でも、(僕のようなリスナーに)金太郎飴スタイルと呼ばれようが一徹に自分の道を貫いてきたからこその、こなれたラブソングを披露している。しかし「CUT SOLO」で曲名を連呼しまくるこの曲でのHI-Dはしつこいくらいに存在感あるな。

聴こえの良さだけを重視するなら決して全国向けに発信するには得策ではないであろう名古屋弁もそのままに、DJ RYOW、NATO、DJ PMX、RIMAZI、DJ☆GO(この星はなんだ)といったプロデューサーのゴリゴリな布陣もそのままに、何よりそのハードコアラッパーとシンガーとしての側面を剛柔織り交ぜるスタイルもそのままに、結局最後まで、ただその道を走ることでここまで昇ってきた。寄り道を一切せず垂直的な成長だけを求め、ラップスキル的にも、セールス的にも遂に来るべきところまで辿り着いたならもう認めるしかない。やたら合間に挿入される変なうわずった笑い声以外は文句の付けようの無い、AK-69渾身の快作だ。


web拍手
16:24 | AK-69 | comments(6) | -
スポンサーサイト
web拍手
16:24 | - | - | -
コメント
とかく売れることが重荷になる日本語ラップシーンで、
そのオラオラ感のままここまで突っ走てきた姿は、
KREVAとはまた違った頂にシーンを持っていった感じがありますね。

稼ぐために『愛』に走ったり、
村の外に走ったり、
そのどれもが個人的には嫌いじゃないんですけど、
『OZRO ZEEBRA 俺もいつか肩並べ築き上げる逸話』と誓って、
事実、ここまで来た彼にこそRESPECTの文字が似合うと思います。
2011/02/07 9:12 PM by ゴリゴン浩二
まいどー。過去AK-69のラップに注目したことがないんですが、聴く価値ありそうっすかね!
2011/02/08 11:53 PM by temRiva a.k.a. ミニマイザ
ゴリゴン浩二様>
どうも、コメントくださりありがとうございます!!

そうなんですよね、スタイルを変えずにここまで登ってこれたというのは本当に大きいと思います。
元々Kalassynikoffとして歌も上手く取り入れてたのも、歌の使用に関してとやかく言われないポジティヴな要素だったかもしれませんね。

もちろん彼のラップや、そのスタイル自体にとやかく言うのは個人の感性ですから良いと思いますが、自らの信条を貫いたままここまで辿り着いた、この結果については本当に賞賛の言葉しかありません。


ミニマイザさん>
どうも、こちらではお久しぶりです!!

AKのラップに注目したことがないのなら、今回のも特に引っかかることはないかもしれませんね笑
記事でも述べているように、音楽的に何を変えたでもなく、ただこれまでの自分のやり方を洗練してきた結果の作品ですから。

でも垂直的に進化したぶんラップは純粋にかっちょよくなってるので、「別に嫌いじゃないけど…」程度の敬遠具合なら、もしかしたらハマるかもしれません。
2011/02/12 3:33 AM by 遼
AKの曲に入ってる笑い声はAK本人に会ったことがある人には分かる、言ってしまえば一種のサンプリングらしいですよ。
AKの笑い声は普段の笑い方と曲に入ってるのは一緒らしいので、AK本人を嫌いな人をDISっている(もしくは不快にさせる)というオシャレな趣向ですよ。

AKにはこのスタイルキープのままで行って欲しいですね。
いずれはLooking My eyesで言ってたように紅白、Mステで「マザファッカー」とでも言ってほしいものです(笑)
2011/03/15 12:05 AM by クソイック
電波が悪くてコメント送信しまくってたら三重投稿になっちゃいました…
すみません…(笑)
2011/03/15 12:14 AM by クソイック
クソイック様

どうも、コメント頂きありがとうございます!!
あの笑い声にはそういう意味合いがあったんですか!!
わかる人はにやりとするし、アンチはイラっとする。
何も知らないファンにも特徴的でわかりやすいですし、DLの「ッッラァッ!!」って叫び声みたいに、トレードマークとしては良いかもしれませんね。

AKは遂にここまで昇ってきましたし、ここまで来れば、妄言放言と笑われるであろう色んな目標が現実のものとして考えられるようになってくるでしょうね。
そうやって目標に本気になったアーティストは強いと思いますし、ぜひこのままどこまで行けるか試してほしいものです。
2011/03/18 11:51 PM by 遼
コメントする











03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--