RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< WHITE BOOK / AKTION | TOP | FONKY&LOVE / 韻シスト >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
OASYS / KREVA


1.道なき道
2.かも
3.たられば feat SONOMI
4.最終回
5.エレクトロ・アース・トラックス
6.Oasys
7.Changing Same
8.Reprise~道なき道~

★★★★★★★★☆☆

KREVAのソロ初となるミニアルバム。2010年9月15日発売。音楽制作に新たなシンセサイザー・OASYSを導入しての一枚。

何を隠そう前作『心臓』を聴いてない僕なので(HIPHOPブログなのにそれで良いのかっていうね、ほんとに)前作との対比で本作を語ることは出来ないが、相変わらずポップスの面からも理解されやすいメロウネスを散りばめながらも、ヘッズも納得させるビート強度を保っているのはさすが。新機材の影響か、よりハイファイ感が増しているが、耳に痛くは無く、鳴りが良く低音と高音の差が激しいぶん、かなり奥行きのあるサウンドに仕上がっている。

インスト、もしくはそれに近い楽曲が3曲にYOUNG PUNCHのカバー「エレクトロ・アース・トラックス」を積んだこのミニアルバムは、そうしたサウンド面での実験と、助詞を基軸に廻す「かも」「たられば」、ネット批判と自分の心情を、メロディアスで壮大な音に包んで吐露する「最終回」といったリリック面での実験を上手く掛け合わせた作品と言える。

特に暗にネット批判を匂わせる「最終回」は、根底のメッセージこそありふれたものだが、リリックでの聴かせ方が上手い。強がらずに、誹謗中傷に対して弱さを見せながら、 "終わりだなんて言わないで欲しい" と悲痛に歌うこの曲。僕は、KREVAと言えば失恋モノだろうが結局はナルシズム全開で余裕綽々と歌うところしか想像出来なかったので、かなり衝撃だった。また、この曲の一番盛り上がるよう設計されている部分は、そこがメッセージの核心であることと併せて「HOOK」ではなく「サビ」に近い。その横断的な音楽活動は、これからもやっぱり多くの批判を生むのかもしれない。けれども、ジャンルを、マスとコアを、自由に横断出来ること。本作で改めて示したそれ自体が貴重な才能であることもまた、全くの真だ。


web拍手
00:50 | KREVA | comments(2) | -
スポンサーサイト
web拍手
00:50 | - | - | -
コメント
初めまして。あけましておめでとうございます!!

リンク先に入れていただき有難うございます!
お礼申し上げるのが遅れてしまい申し訳ありませんでした…

僕が記事をアップした時よりアクセス数が増えてなんとも複雑な気分です 笑

遼さんと比べれば質も量も更新スピードもヘボいですが、細々とやっていこうと思います。

コンパス見てCD買い漁っていた身としては本当に嬉しい限りです。
長文失礼いたしました。それでは
2011/01/06 6:23 PM by 海辺野日向
海辺野日向様>

初めまして!!
本来こちらからご挨拶に伺うべきところ、勝手にリンクを付けた上に、そちらにわざわざ出向かせてしまってすみません。

COMPASSもご覧になってたんですか!!
僕自身はあの中では何ら貢献していませんでしたが、
こうして当時ご覧頂いていた方からそうしたお言葉をもらうと本当にうれしい限りです!!

海辺野日向さんのブログはtwitterで知ったのですが、
洋楽や漫画の感想も手広く手掛けておられ、大変読みやすいのでいつも楽しく拝読しています。
これからも楽しみにしています!!
2011/01/10 12:59 AM by 遼
コメントする











06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--