RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< Sympathy / KEN-RYW | TOP | リリースラッシュ後… >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
おればむ / 三善善三



1.さんさんさん
2.じんせいげきじょう
3.いっしょうがいおんがくあいこう
4.すきぶしぶぎ
5.しょうわ
6.しょうわぶるうす
7.りょじょう
8.いいよかくたす
9.ひとりごと
10.なりわい
11.わふう 客演者 JUN-G、壱
12.よれよれのひ
13.よるとあさのあいだ
14.あちいまち
15.わなげ
16.みち
17.あうとろ




★★★★★★★☆☆☆




走馬党最年長、町田が誇る押韻職人三善善三の2ndアルバム。全編に流れる昭和歌謡の音。聴く前は数曲挟んである程度だと思っていたのでこれには度肝を抜かれた。むしろこれはHIPHOPから限りなく離れている。三善善三のラップもラップとよべるかも微妙なラインで、ほぼ「歌っている」といった方が適当であると思われる。ただしだからといって楽しめないのか、と言われるともちろんそんな事はない。総じてその生音トラックのレベルは高く、全ての音楽ファンを唸らせてくれることうけあい。更に音が一貫して昭和歌謡風のため「これがこんな曲で、あれがあんな曲」と認識するよりもアルバム通して一曲を構成しているかのような統一感だ。新しい音楽を求めている方は「さんさんさん」開始直後にその新しいカッコ良さに心酔できる事だろう。
しかし全ての三善ファン、ひいてはHIPHOPファンがこの異様なまでに新しい試みの音楽性を受け入れられるかどうかはもちろん疑問が残る。そんなファンをも納得させてくれるのが唯一客演を迎えた「わふう 客演者 JUN-G、壱」だろう。トラックこそ一聴すると他曲と大差ないが、アルバム中最もHIPHOPテイストが強くなっている。特に先のDJ OASISの「ウォーターワールド」で三善と共演し話題を独占したJUN-Gには圧巻。GDXのアルバムに参加している時とこれほどまでに変わっているとは。全ヴァース韻で固めたラップには衝撃を受ける事必至。
音楽性が非常に新しいためいかんせん評価を☆で単純に表したりしにくい作品。そのため潜在能力は未知数であり、聴く人によっては永遠のクラシックにさえ成り得る可能性がある作品と言えるだろう。その逆の場合も然り。新しい音を求めている方は是非聴いてみる事を薦める。三善善三の影響を受けてきた音楽をそのまま自己の作品に投影した、彼の渾身を籠めた問題作だ。
web拍手
17:31 | 三善善三 | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
17:31 | - | - | -
コメント
うん、僕には永遠のクラシックですね^^
これを聴くと、昭和の光景が目に浮かびます。
平成生まれなんですが。。。
2006/04/13 10:44 PM by たけし
本当に特異なアルバムですね。
耳に音が飛び込んできた時の衝撃は相当なものでした。
これも一つの「日本でしかできないHIPHOPの形」!!
2006/04/14 12:15 AM by 遼
「永遠のクラシック」派ですが、
方法論としてはDreの『The Chronic』ですね。

弾き直したり、一から作曲したりして、
仮にG-FUNKならぬG-歌謡曲なる(Gはオリジナルの意)
新たな歌謡曲のスタイルを定義したと言えるのでは。

つまりスタンスとしてはHIPHOPド真ん中でしょう。
2011/05/07 2:27 AM by phoenix
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/36
トラックバック

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--