RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< My Space / S.L.A.C.K. | TOP | あんなことやこんなことも簡単 >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
WHALABOUT? / S.L.A.C.K


1.Sin Son(In) 
2.Walk To Back 
3.That's Me 
4.Drunk 
5.閃き 
6.NEXT (pro Budamunky) 
7.適当 
8.I'm Home (pro Budamunky) 
9.意味なんてないさ 
10.子供の頃 (pro 16Flip ) 
11.逆流 Feat. 仙人掌 
12.Many Thin 
13.Another Lonely Day 
14.Skate Trip (Out) 
15.笑えれば 

★★★★★★★★☆☆

S.L.A.C.K.の3rdアルバム。2009年11月18日発売。

自らのラップと音とを照らし合わせて、意図的にグニョグニョのアンビエントアルバムに仕上げた前作から9か月。基本的にセルフプロデュースで済ませる姿勢は本作でも変わらないが、音の手綱を手放さないことで、自らのスタイルを貫きつつも前作とは大きな変化をつけることに成功している。

前作のレビューで「トラックをオーソドックスに済ませることで、よりアンビエント感を演出している」というようなことを書いたが、本作でのS.L.A.C.K.はそれとは正反対に、トラックをよりテクニカルに仕上げることで、自らのHIPHOPミュージックとしての底力を誇示している。ほとんど舞台設定が休日になっている自堕落なリリックこそ変わらないが、そのラップを載せるのは短く切られた変則的なループだったり、電子音を多用したものであったりと、前作と違い、音と言葉の反発力を推進力に置換している向きがある。

そのため本作ではS.L.A.C.K.のラップがただの怠惰ラップではなく、HIPHOP的にかなり高度なスキルに裏打ちされたものであることを実感出来る。珍しく強い自己主張を潜ませた「
That's Me」や、逆に諦観めいた思いがいくとこまでいった「意味なんてないさ」を筆頭に、一見隙だらけだがよくよく見てみると綿密に織り上げられた楽曲だらけ。休日に聴くのに適している前作とは異なり、何気に他のイケイケHIPHOPと混ぜ合わせて聴ける、挑戦的な魅力も備えた快作だ。そのネチャネチャしたラップを、そんなに変幻自在に操れるなんて!!

web拍手
23:04 | S.L.A.C.K. | comments(4) | -
スポンサーサイト
web拍手
23:04 | - | - | -
コメント
いつもレビュー楽しませていただいています

今回のSLACKのアルバムについて
MySpaceが2nd、WHALABOUTが3rdとのことですが
この2枚以外にもう1枚、1stアルバムがあったのでしょうか?
2010/07/15 12:01 PM by penzy
penzy様

こんにちは、コメントありがとうございます!!

S.L.A.C.K.のアルバムについてですが、本人のmy spaceでは自主製作の「I'm Serious 〜好きにやってみた〜」を1stアルバムと位置付けているようでしたので、それに倣ってこのブログでもこれらのアルバムを2nd,3rdと表記した次第です。
2010/07/15 5:48 PM by 遼
回答ありがとうございます

自主制作があったんですね!
知らなかったです

これからも楽しみにしてます
2010/07/21 2:57 PM by penzy
ヤフオクなんかでたまに見かけますが、凄いプレミアが付いてるみたいですね。

僕も持ってないので、のんびり中古でも漁って気長に待とうと思います。
2010/07/23 2:39 AM by 遼
コメントする











09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--