RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< いくらか | TOP | ANTI-MACHINE-SYNDROME / DMR >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
BRASH BALL / GRAPPLUZ



01. 一般強要
02. Two Of Grappler
03. ヘッドライン
04. G戦状のエリア
05. 何人でも関係無え
06. 3月16日~のらないライヴ~
07. ヒップポップ feat. BMX for 雑草
08. リタイヤ
09. 100パー
10. 傘をさそう
11. 雨
12. 登場
13. Brash Ball



★★★★★★☆☆☆☆




今はNEW DEAL Recordsにも所属し、数々のコンピレーションや客演などでその存在感を見せ付けているU-DownとJayerから成るGRAPPLUZの1stアルバム。自身のレーベルであるBRASH BALLを立ち上げての第一弾となる作品である。
今までに彼らの音源を聴いた事のある方ならおわかりだと思うが、彼らのスタイルは非常に荒々しく攻撃的だ。ほとんどの曲で既存のラッパーに対する怒りを容赦なくぶちまけている。そんな彼らの原点でもあるこのアルバムにおいても勿論そのスタンスは健在。イントロである「一般強要」から既に静かにその怒りを吐き出している。
がしかし、客演やコンピ作品でならともかく、フルアルバムでもほぼこのスタイルを貫き通されると少々疲れがくるのが正直なところ。その考え自体は賛同する部分も多いがほとんどの曲で今までどおりラッパー批判を繰り返すのでどうしてもリリックが似たようなものになってしまう。トラックもまた彼らに合わせたのだろう、シンプルできな臭いものが多く占めるが、お世辞にも細かい巧さなどを持ち合わせているとは言えない、あくまでも直球勝負の彼らの作品のふり幅をより狭めてしまっている感が拭えない。このタイプの曲が数曲なら彼らのその圧巻な攻撃力に気持ちよくKOされる事も十分ありえるが、ここまでどれも似たような曲になっていては防御る側としても意外性が無くなってきて非常に守りやすい。要は曲調が一辺倒で面白みに欠けるのだ。
いつもの攻撃的スタイルもいいが、せっかくのフルアルバムなのでもっと様々な意外性を狙った挑戦を試みてもよかったのでは。実力や迫力はシーンの中でも際立ったものがある二人だけに多少のやるせなさが残る。「100パー」や締めを飾る「Brash Ball」のように単体で見れば十分及第点な曲もあるだけに単なる全体の「統一された」というより「似通ってしまった」というべき色調の中に溶け込んでしまっているのが残念である。逆に言えばだからこそ「傘をさそう」や「雨」のような温かいメッセージを込めた曲が映えるのだろうが。彼らがこういう珍しく「守り、逃げ」を投げかける曲は貴重で面白い。もっとこういう様々な側面をみせてくれればかなりの作品になったかも。
web拍手
10:26 | GRAPPLUZ | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
10:26 | - | - | -
コメント
うおおぉ!まさかグラップラーズのレビューが来るとは!何気にコイツら好きなんですよ。相変わらずセレクトが濃いですね(笑)
2006/03/13 10:53 PM by N.M.R.
僕もなんだかんだ言いましたが好きですよ!!
わかりやすいくらい直球に熱いですよね☆
あぁ〜レビューセレクトについては完全にすき物路線になってますから…
毎回100人中80人は素通りで20人が興味津々な感じのラッパーばかりやってますからね(苦笑)
こんなヘッポコブログだけにうまくレビューできてるとは思いませんが、最近は構成の仕方とか纏め方とかは少しずつ掴めるようになってきたのでなんとかやってきたいです。
2006/03/14 10:43 AM by 遼
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/32
トラックバック

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--