RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< DREAM COMES TRUE / C.T | TOP | GREEN ART / INSIDE WORKERS >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
Natural 9 / UZI


1.Intro 
2.Natural 9 
3.Urban Barbarian Gym  feat.UBG
4.HIP HOP 
5.大輪 feat.CAMEL
6.KIX REMIX  feat.神
7.ZIG ZAG SAMBA  feat.秋田犬どぶ六
8.城南ウォーカー feat.GK MARYAN
9.火曜サスペンス劇場 
10.WARNING  feat.SHIBA-YANKEE,SHINNOSK8
11.BATTLE FIELD 
12.Urban Cruising  feat.HI-D
13.出せなかったラブレター  feat.48.9
14.我良友 ~My Good Friend~ pro.LUCHA 
15.1つだけ  feat.秋田犬どぶ六

★★★★★☆☆☆☆☆


つい先日解散した、ZEEBRA率いるUBGの一員・UZIの4thアルバム。2008年3月26日発売。

いつも通りにストレートなHIPHOPをする前半、多様なテーマに挑む中盤、大人な恋愛サイドに流れる後半と綺麗に構成を分けてはいるが、それぞれの曲は今までも散々見せてきたやり口であり、ゲストと合わせて新鮮味は皆無と言って良い。1st「
言霊」、2nd「No.9」、3rd「美髯公でやってきたことの集大成と言えば聞こえは良いが、要するに似たようなラップが進歩無く並ぶだけだ。特に美髯公」のときにも似たようなことを書いたと思うが、あるトピックを語る際に固有名詞を並べ立てて終わり、というのはとてもユーモアがあるとは言えない。本作でもネットゲームを知らない身としては「BATTLE FIELD」なんかは苦痛なだけだ。

目玉のポッセカットも、タイプライターが
AKTION「Still Neva Enuff」を更に増幅させたような音で完全にラップをかき消してしまっていて期待外れ。その点DJ OASISが手掛けた「WARNING」は、派手な音の中でラップが動く余地を与えていて流石だと思った。他に面白かったのは、練った構成が面白い「城南ウォーカー」と、UZIバム恒例である、ラストに控えるポジティヴソングの「1つだけ」か。特に後者は、2ndの「Change」に続き、Mr.Beatsとの相性の良さを改めて示してくれた。

それでも、それらの曲も結局はラップの内容云々ではなく、トラックにより支えられた部分が大きい。前作から起用され、本作でも7曲を手掛けたLUCHAも相変わらず仰々しいドラムがド派手で良い働きをしていると思う。だからこそ、それにUZIのラップが乗ると一気に「今まで聴いたことのある感じの曲」にしかならないのは辛い。


web拍手
12:28 | UZI | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
12:28 | - | - | -
コメント
コメントする











08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--