RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< MONTIEN III / MONTIEN | TOP | 100% RAP / 鎮座DOPENESS >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
SPICY CHICKEN / KYN


1.INTRO feat.PITC produced by KYN
2.RAP GAME / produced by DJ CHANG ONE
3.THA LIFE / produced by DJ CHANG ONE
4.R U READY? / produced by DJ CHANG ONE
5.WAX-N-KYN(PART 1) feat.WAX produced by KYN
6.BRING or RUST / produced by KYN
7.SPICY CHICKEN / produced by KYN
8.サイレントキラー / produced by KYN scratched by DJ CHANG ONE
9.THA WALK / produced by KYN
10.SELL OUT / produced by KYN
11.ピエロ feat.NRIKIYO produced by KYN
12.UNFIELD feat.あるま produced by KYN
13.STAY BUCK / produced by KYN
14.我が闘争/ /produced&scratched by DJ CHANG ONE
15.THE ENDRACE / produced&scratched by DJ CHANG ONE


★★★★★☆☆☆☆☆

SD JUNKSTAのメンバー・KYNの1stフルアルバム。2009年10月21日発売。

"何も言わない 何かが出来るまでは 口つぐんだままのサイレントキラー"(「
サイレントキラー」)と語るKYNの、全国流通では初となるフルアルバムである本作は、その実直な姿勢がよく表れた作品だ。ビートからの一定の自由度を確保しつつもファンダメンタルを重視したフロウも、装飾を極限まで削ってボトムで語る10曲のセルフプロデューストラックも、それを後押しする。

そのため平坦で一徹な空気で続いていく前半部分は正直退屈な部分が多い。味のあるラップと音の組み合わせではあるのだが、その手持ちの組み合わせ方が数パターンのオプションしかなく、「実直であるがゆえに地味」を地で行ってしまっている。その中に溢れる、SD JUNKSTAメンバーらしいせっかくの匍匐前進思考の強い主張も抑揚のない流れに埋もれがち。

どちらかと言えば客演を交えて、流れを明確に締めにかかる後半の方がラップ、トラック共に光の当たり方が変わって、相対的に新鮮ではある。特に、「
ピエロ」でのっけから挑発しにかかるNORIKIYOのリリックは流石。

平坦な土臭さの中から耳を真黒にして言葉の端々を掘り出してみれば、その一徹な姿勢により魅力を感じることも可能ではある。がしかし、それは音と言葉を分離して初めて可能になる作業であるという点で、最早音楽の楽しみ方ではなくなる。要するに、伝えたい固い意志があればこそ、本作では言葉・トラック共に、もっと色んな寄り道をするのもありだったんじゃないかと。しかし、15曲45分でコンパクトに纏められた本作は、アーティストがストイシズムを貫いたときに波及効果として出てくる聴き辛さをほとんどカットすることに成功している。これは次回作に向けての、一つの糧となるんじゃないだろうかと勝手に思ってます。


PV-WAX-n-KYN feat.WAX
web拍手
10:27 | KYN | comments(4) | -
スポンサーサイト
web拍手
10:27 | - | - | -
コメント
はじめまして!いつも楽しく見させていただいてます。
僕は日本語ラップ歴9年目ぐらいですがこちらのサイトで【GIPPER】のレビューを見て初めて日本の西系もいいものなのかな?と思いました。今は聞けるとしてもGIPPER、MACCHOぐらいですがGIPPERの曲のオススメやほかの西系アーティストのオススメなどありましたら教えていただきたいです!
2010/03/23 8:21 AM by ども!
初めまして!!
コメントして頂きありがとうございます。
日本の西系は、正直没個性的な面も否めないのは確かなんですが、だからと言ってそれでジャンルごと一括りにしてしまうのはあまりにも非生産的ですしね。

9年聴いてらっしゃるということは自分よりずっと先輩なので恐れ多いのですが…

個人的に勧めたいのは、やっぱりGIPPERも所属しているNORAですね。
ラッパーも個性的でそれぞれ持ってる武器が違いますし、何よりFuekiss!の作るファンク感溢れるトラックは、G-Funkとは、違う、WCとかの作品が持ってるウエッサイ感があります。
一応参考までに動画を
http://www.youtube.com/watch?v=ozOiJtJ_tk0&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=i58pvakMBYc

上に挙げたのはBESTと3rdの曲ですが、1stと2ndの出来が凄く良いです。
特に1stは独特の粘っこさがあるGIPPERがキレキレです。

あとはHYENAとかもフロウが凄く上手いと思いますね。
2010/03/23 2:19 PM by 遼
お返事ありがとうございます。さっそく2曲聞かせていただきましたが相当ヤバいです!
すごく勉強不足だと痛感しました…
GIPPERのあの粘っこさは正直最初苦手でしたが今は完全にハマっております(笑)
こうなるとかなり1st、2ndも期待してしまいます
HYEMAもこれからはチェックしないといけないですね
西系の完全なる差別の壁が今簡単に崩れてきてます(笑)勉強不足だと痛感しました…
これからもブログは毎日チェックさせていただきます!
また気になることがあったら質問させてください。よろしくお願いします!
2010/03/23 4:11 PM by ども!
気に入って頂けたのなら何よりです。
ただウエッサイ系ラッパーの多くがスキル不足、没個性的であるのもまた事実だとは思うんですよね。
その中にこういう素敵なグループが埋もれてしまわないようにしていきたいものです。

GIPPERはNORAの1stでは、その後とは違ってあからさまに粘っこくて中毒性があります。
メロウでもスムースでもあるのに、それ以上にドロドロ感が出てるっていう笑

HYENAは実を言うと自分もソロ作品は持ってないんですが、客演とかでは良い味出してますよね。
DJ RYUUKI&U.C.84s ALL STARSの曲での彼のラップには唸らされました。

いえいえ、まだまだ勉強不足ですが、お力になれたら嬉しい限りです。
こちらこそ勉強させていただくことが多々ありますので、おいおいと思った箇所があればボカスカ叩いてやってください。
これからもよろしくお願い致します。
2010/03/25 11:55 AM by 遼
コメントする











10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--