RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< 突然のSOSC連射です。 | TOP | いくらか >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
DAY BEFORE BLUE / COMA-CHI



1.Intro
2.放浪
3.skit-Cypher@丸子橋
4.ミチバタ
5.夢三夜 feat.ATOM,CRIMESIXXX(STERUSS)
6.Bye bye my self
7.夜間遊泳
8.Love music feat.TARO SOUL
9.skit
10.バイブレイション
11.4seasons



★★★★★★★☆☆☆




2006年になっても破竹の快進撃を続けるダメレコの紅一点、COMA-CHIが放ったアルバムは良い意味で意外な作品。これまでの音源で聴かせてきた彼女のスタイルは男性陣に全くひけをとらない攻撃的で危険なラップ。しかしそんな過去の音源とは全く異なる綺麗で落ち着いた作品に仕上げてきた。最初の曲である「放浪」からラストの「4seasons」まで歌モノをふんだんに取り入れた事でぐっと全体に落ち着きが増し聴き応えが出ている。
特に「Love music feat.TARO SOUL」はそんな「歌」の部分を押し出した極上のナンバー。ラップと呼べる歌唱法から極限まで離れた二人の「歌」の掛け合い。今のHIPHOPシーンにおいて、まして破壊力重視の曲が多いダメレコでこんな曲を聴けるとは思わなかった。久々に新鮮な衝撃を受けた、斬新な良曲である。この曲もそうであるようにとにかく男性客演陣との相性が抜群で、「夢三夜 feat.ATOM,CRIMESIXXXL(STERUSS)」の人気アングラ勢との絡みも流石の出来。今作でも特に幻想的なトラックに三人の文学的な詩が流れていく。中でもポエトリーリーディング的なフロウで魅せてくれるATOMが好印象。COMA-CHIのソロも「ミチバタ」や「4seasons」を主として繊細なトラックと良い具合に溶け合い絶妙な出来。「4seasons」についてはおまけCD-RにREMIX版も収録されており、こちらも中々の出来映え。
とにかくこれまでの攻撃的なイメージと正反対の作風でこれだけの作品を作れる才能は非凡なものを感じさせる。これだけふり幅の広いフィメールラッパーが出てきたというのは僕としては非常に頼もしいところ。コアなファンから普段HIPHOPを聴かない層まで様々な人に受け入れられそうな中々の作品だ。ちなみに「skit-Cypher@丸子橋」みたいな曲も地方のファンにとっては嬉しい限り。
web拍手
16:05 | COMA-CHI | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
16:05 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/30
トラックバック

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--