RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< More Life / KEN THE 390 | TOP | THE BULLET MASSAGE / ENBULL >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
シンキロウ / Prime Ground


1.INTRO 
2.ONE SCENE 
3.シンキロウ 
4.Are You Ready?~Big Party~ feat.Lyric Art 
5.STYLE OF MOMENT feat.SESAME
6.エンターテイナー feat.T.LTD,U-PPER,PLAYGROUND,YELLOW

★★★★★☆☆☆☆☆


Prime Groundは、B-FreshのBell主宰のShigunate Entertainmentに所属していたTAKE、BUKI、ALTOの3人組(?)。B-Freshのリユニオン作「
Pump Up!!〜未来に繋げB-Boyスタンス〜」でも1曲参加していた。本作はそんな彼らの1stミニアルバム。2004年7月15日発売。

Bellから受け継いだカースワード無しのポジティヴリリックに、Bellにより提供されるメロディアスでポップなサウンド。そこに乗るのが、声は三者三様別れているもののさしたる個性の無いラップで、正直に言って、ひっついた所属先が用意したレールに無難に乗っかった印象しか受けない。その点ではポッセカット(?)の「
エンターテイナー」の宴会ノリの中で、これでもかと自らのスタイルをおっぴろげて見せるU-PPERのメンバーの方がずっと良かった。特に独特の力点の置き方でライムを速射するSLEDのラップは中々に強烈。

エンターテイナー」こそあっという間の12人参加マイクリレーの形をとることによってある程度の華やかさはあるが、他は単調なラップとHOOKがダラダラと入れ替わるだけで至極退屈な曲が並ぶ。唯一三味線で和風テイストを取り込んだ「STYLE OF MOMENT」ではTAKEが気勢を上げていてカッコ良かったが、意外な助っ人であるはずのSESAMEが手抜き感バッチリなヴァースで萎えさせてくれるのでそれも相殺されることに。SESAMEは好きなMCだし、だからこそこの曲に期待を掛けて購入したのだけれど、さすがにそんなにやる気が無いとは思わなかった。
web拍手
02:26 | Prime Ground | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
02:26 | - | - | -
コメント
コメントする











11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--