RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< PROJECT:141 / E.G.G.MAN | TOP | 突然のSOSC連射です。 >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
The Circle / HAB I SCREAM



1.AAA
2.MC
3.SON OF A MIC
4.冬春夏秋
5.夢追人Feat.KENNY PRIEST
6.いかなきゃFeat.HAPPY BEAUTTY
7.SORA
8.Metamorphosis
9.POWER OF WORD
10.THE CIRCLE

BONUS TRACK Dear DAD / Free Style



★★★★★★★★★★





僕が2003年度最高の作品だと信じて疑わないHAB I SCREAMの1stアルバム。HAB自身が「生命、自然」を意識して作ったというこのアルバムはこれまであまり聴いた事のないような柔らかな温かみのある音が全編に流れる。10曲の間に流れるそんな温かい空気の中にHABのポジティブなメッセージが乗せられ、なんとも気持ち良い世界を紡ぎだす。
全て生演奏で収録されたトラックはどれもシンプルながらも自然の温かさを感じさせるような素晴らしいものばかり。序盤の3曲までは純粋なカッコ良さも兼ね備えた曲であるが、その三曲に関してもこの柔らかな世界観を壊すことなく質素なトラックと繊細なリリックが素晴らしい「冬春夏秋」へと気持ち良く誘ってくれる。沖縄民謡を感じさせるトラックとHOOKが心地良い「いかなきゃFeat.HAPPY BEAUTTY」や「時」と相対する自分を綴った「Metamorphosis」、HABのまさに魂の叫びを吹き込んだHAB史上最高にアツい一曲、「POWER OF WORD」など全曲を通して温かいメッセージが詰まっている。
本当に「自然」や「生命」の温かみを感じさせてくれるアルバムで、春の木漏れ日のようなぽかぽかとした気持ち良い音に自然と身を任せたくなる。日本のHIPHOPにおいて非常に稀少なタイプの作品であり、唯一無二の(恐らくHAB自身もこれに匹敵するバイブスを兼ね備えたものは創れないであろう)HIPHOP史において幅広く認知されるべき一枚。先に出たE.G.G.MANのアルバムが彼自身をそのまま投影した膨大な「自己哲学書」であったのに対し、このHABのアルバムは手作りの表紙で綴じられた穏やかに、温かに話し掛けてくる「絵本」のような作品。文句のない傑作です。
web拍手
10:40 | HAB I SCREAM | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
10:40 | - | - | -
コメント
このアルバムにコメントがついてないなんて・・・
2009/05/22 4:20 PM by ウインク
間違いなく日本のHIPHOP史に残る大名盤ですよね!!
こんなアルバム他にないでしょ。
コメントがついてないのはオレの文章力のせいです。
2009/05/23 1:59 AM by 遼
アルバムの内容だけなら5指にも入りますよ!個人的にSOSCは好きですし。


でもこれは知名度が低すぎるのでもったいないですよね。客演が少ないのも注目が薄い要因の一つかもなぁ。
2009/05/23 3:35 AM by ウインク
そういえばこの記事を書く前日にこのアルバム買ったんですよ。
で、一度聴いてその衝撃が半端なくて、その日のうちに10点満点でレビューしたくなっちゃって。
ただそういう衝動で書いちゃうと、レビューがどうしても主観に寄りすぎちゃうんで、買った当日には書かずに一晩置きました。
結局翌日になっても衝撃収まらず満点つけちゃいましたよ、と。
それぐらい日本のHIPHOPで革命的な事をやってると思う。

客演少なくても、遂に出たHABのソロだし注目されそうな気もしますけどね…。
何でこんな過小評価なんだか。
2009/05/23 1:15 PM by 遼
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/28
トラックバック

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--