RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< Block to Block / Mars Manie | TOP | THE ドラマ / 大和民族 >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
東京トビドウグ / 大和民族


1.民族大移動
2.AAA!!
3.断突
4.合言葉 feat.EI-ONE,はなび
5.四六時中
6.息抜き
7.正面衝突 feat.ダースレイダー
8.日本・東京・男・HIP HOP
9.オニフスベ
10.マジでさわんな feat.ガスケン
11.東京トビドウグ
12.夜
13.一体どこ?
14.RAP一等兵全体進め feat.107n,南国,ISO,ティグレ
15.電車の中の夢の中
16.コンチクショウ
Bonus Track. One Time

★★★★★★★☆☆☆

インダラ、CUTE、DJ Pan2の3人組、大和民族の2ndアルバム。前作「
ど真ん中」より2年の月日を経て、ダメレコからの発表となった。2005年9月10日発売。

ローファイな音質でノイジーに染まった声がダースレイダー以上に良く似合う、ダメレコのガレージ感増幅装置としての役割を身内作品で果たしてきた大和民族。そんな彼らのこのアルバムは、限界までのローファイ化なんていうその音楽的退行をそのまま推進力に変えた、マイナスとマイナスを掛け合わせてプラスに変えるような、何をやらかしても許される原始的ロックフィールドが舞台だ。

高音部分でいちいち音が割れるインダラのラップが心地良い(=気持ち悪い)。ドラムとベースと、あとなんか色んな楽器、くらいの音潰れまくりな混成法のトラックが心地良い(=気持ち悪い)。原曲のシャウトに合わせて堂々と悲惨な歌声を聴かせる「
AAA」の勢いが心地良い(=気持ち悪い)。要するにちょっと頭がどうにかなった人に喜んでもらえるような、ある意味マイノリティ救済を目指すHIPHOPの美しい理念を体現した音楽だ。自分に合った他の打法に気付きながらも仁王立ちでフルスイングして空振りするような、全力で砕けにかかるこの無茶苦茶な勢いにアガった方はどこかで進む道を間違えたんだろうと断言出来る。そしてその道は引き返さず、このアルバムを手に携え更に一歩歩みを進める事を強く勧めよう。

裏のサックスが唯一HIPHOPの基本形を留めた音を奏でている「東京トビドウグ
」、音質でブッ飛んでるけど実はリリックが巧みな「」、彼らのベストとも言えるガレージビート総決算の「コンチクショウ」が凄く良くて、でもそんな無茶ぶりな作り方やってるもんだから曲によっては煩いだけになってますよとか、そんな無粋にこのアルバムを分解しているのは僕だけでいい。このノリがイケた方は何がどうとか気にせずに、主に頭を悪くしたいとき・不意に人混みで奇行をしたくなったとき・好きな女の子に「どんな音楽聴いてるの?」と聞かれたときなど、人生の重要な局面でこのアルバムを活かしてください。きっと理想的な結果が得られることでしょう。肩凝りにも良く効きます(適当)。
web拍手
04:27 | 大和民族 | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
04:27 | - | - | -
コメント
コメントする











08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--