RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< TOKYO FIGHT KLUB!! / FRANKEN | TOP | RHYMEZ CONNECT / V.A. >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
Egoist / MINESIN-HOLD


1.INTRO
2.EGOIST
3.COMMON
4.W MUGNUM feat.RUDEBOY FACE
5.FIRE
6.UH...BABY feat.HI-D
7.FREE(skit)
8.月光 feat.D.O.
9.PASS THE MIC feat.ラッパ我リヤ
10.ANTHEM 2004 feat.ARK

★★★★★★★☆☆☆

走馬党のソロマイカー・MINESIN-HOLDの2ndアルバム。デビューアルバム「BOOM!!!
」から8カ月でのスピードリリースとなる、2004年2月12日発売。

いつも通りのナルシズム、オレイズム全開でのHIPHOPど真ん中大闊歩。よくよく考えてみればデビュー作の「
BOOM!!!」もこの後に出る事になるミニアルバム「LOVE」でも作品作りへのアプローチは全く変わって無くて、至極単純な事に気付く。これが全部フルサイズのアルバム3枚だったりしたなら流石に飽き飽きしてくるところだが、全ての作品が程良く短いためそれぞれスッと聴ける。10曲34分足らずの本作も、ベッドソングにブランツもの、パーティチューンが1曲ずつにあとは全て単純明快なセルフボースティングもの。それぞれのアルバムとしての狙いがどうのだとかを考えるよりは、トラックメイカーやゲストの使い方などの方法論を変えて同じ着地点を目指す、楽曲それぞれでの実験成功例をつまみあげてイケてるラップミュージックとして楽しむのが作法だろう。

そしてそのやり口は、MINESINのソロ作のうちこの作品が最も面白い。相変わらずこれぞ名曲!!といった趣のものこそ微塵も無いが、何度も繰り返されるリピートボタンに耐え得る噛み応えのある楽曲が並ぶ。DJ ARTS製のオールドビーツ上手いとこどりの音に載せて自分に酔う「
COMMON」、「楽しければそれでいいじゃん!!」をモットーにお堅い事抜きにパーティHIPHOPの原点を目指したお気楽な「FIRE」、早めのビートで息をもつかさず駆ける、D.O.との掛け合いが見事なブリブリチューン「月光」など、決してMINESIN自身は華のあるラッパーではないのだけれど、それぞれ曲の掴み方が凄く上手い。曲ごとの色が凄く綺麗に出ており、その単純になりがちなフロウと声も込みで余裕で楽しめるほど聴いていて楽しい。

特に走馬党の面々とRUDEBOY FACEを呼んだ男祭り仕様の曲のクオリティはMINESIN関連作品でも上位に入るカッコ良さ。中でもGPがまんま餓鬼レンノリの跳ねたドラムの中華トラックを用意してRUDEBOY FACEを活かしきった「
W MUGNUM」のごちゃ混ぜな掛けあわせの楽しさは、例えば餓鬼レンジャーの2nd以降の作品よりもずっと名作「UPPERJAM」のノリに近くて良い。

客演として、特に走馬党外の作品に参加すると、とかく無難なラップだけが残って味気無いラッパーに感じてしまうMINESINだが、その腕の見せ所は実は見事に作品全体をコントロールするソロ活動にある。走馬党ファンの視点から見ても、一般リスナーの視点から見ても中庸な立ち位置にある人ゆえにどちらからもその評価をおざなりにされがちなMINESIN。だが、ソロ作品での上手い立ち回りを聴けばソロマイカーとしての彼の力量に気付くことだろう。
web拍手
18:32 | MINE神-HOLD | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
18:32 | - | - | -
コメント
コメントする











09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--