RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< H&H / HIGH 5 & HOOPLA | TOP | THE ORIGINAL / DJ PMX >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
PALPABLE / HAB I SCREAM


1.LOVE ICECREAM 
2.Still Shinin' feat.TRUTHFUL a.k.a. STICKO from FIRE BALL 
3.MOVIE STAR feat.YOUNGSHIM 
4.メロス 
5.Luv u so… 
6.ソウルメイト feat.COMA-CHI,JAY'ED 
7.Goodbye California 
8.DEAL FOR REAL feat.JUNGLIST YOUTHS 
9.I BELIEVE feat.E.G.G.MAN 
10.100 Million 
11.The Last Song 
12.IMAGINE (Bonus Track)


★★★★★★★☆☆☆

Soul ScreamのHAB I SCREAMの3rdアルバム。2009年8月19日発売。

「PALPABLE」=触診出来る、手に取る事が出来る。このタイトルに込められたメッセージ、それはそのままリスナーにこのアルバムが現実的なものとして受け取られるように、ということだ。名作の1stアルバムで見せたエモーショナルさというのは、あくまでも彼の心情世界を舞台にしているという意味でパーソナルだった。その世界を純HIPHOP化し、リリックを難化させた2ndを経て、この3rdアルバムで語られるテーマは特殊な事情により制作された「I BELIEVE
」を除き、より普遍的だ。仲間、友情、矜持、恋愛、葛藤、夢、家族、戦争、そして人生。語られる内容への共感の扉はほぼ万人に開かれている。そこには"ピュアで、愛を持ったアルバムでありたい"という彼の意図がよく反映されており、そのアプローチの方法はチェケラッチョでヘッバンギンなHIPHOPよりはよりJ-POP的な所に根差していると言えるだろう。そしてこれは勿論批判の言葉ではない。だからこそこの辺りの狙いを汲み取ろうともせずに、このアルバムを単なる「イケてるラップミュージックかどうか」で判断して、切り捨ててしまうのは愚かしいことこの上ないのだ。無論自戒の意も含むが、それはHIPHOPを愛する姿勢ではあっても音楽を聴く姿勢じゃない。

土臭さを取り払った抜けの良い打ち込みビーツが並ぶトラック群は、その嫌味なく耳に響く心地良さと併せてどこかL-VOKALの「
FREE」にも通じるものがある。そしてあのアルバムもリスナーとの対話を目的とした作品であったのは偶然ではないだろう。これからはこういう制作姿勢の作品がもっと出てきても良いと思う。

中でもBach Logic製の「
MOVIE STAR」は、さすがこなれた音の作りでアルバム中最も聴き易い。よくある"人生は君が主役モノ"だが、PUSHIMの実妹YOUNGSHIMの歌声も良く通っており気持ち良い一曲だ。シンガーが頑張ったという意味では旧友を思う「ソウルメイト」でのJAY'ED、RHYMESCIENTISTがよく作るような、Buzzer Beatsのトラックとは思えないほどギターが情感を持った「Still Shinin'」でのTRUTHFULLも同様か。フィーチャリング表記のある人以外にも随所にコーラス(何とBAMBOOやGACCHIも参加!!)が差し込まれ、その使い方がいちいち上手いのでラップアルバムにありがちな不器用さが緩和され、全体をスタイリッシュかつ感情的に仕上げている。

勿論批判点がないわけではなく、あちこちで触れられているHABのラップの変化は僕もやや否定的に捉えている。今までよりさらに鼻にかかった声でフニャフニャラップする様は多少感情表現に優れ、なるほど彼が言うように「言葉の温度を伝える為のフロウ」という意味ではアルバムの訴求力の向上に貢献もしているが、なんせ肝心のリリックが聴き取り辛い。先述したようにそれだけでアルバムとして見限るのは馬鹿げた事だが、この事が幾らか本作でのアプローチの魅力を落としているのは否めない。

しかし聴く前にあちこちで見聴きした評判よりはずっと良い作品だった。HABが自分の音楽を聴き手に伝えるという事に関してのみ言うならば、その意図のわかりやすさと熱量は1stをも凌ぐ。家の事情などから「義務感」に追われ作った1stよりも、「やりたい音楽」が最も出来たのは本作であろう。どうしてもラップに勿体無い思いを感じてしまいもするが、それ以上に全体に込められた想いと、トラックを含めたその表現方法の豊かさはもっと評価されて良い。
web拍手
04:52 | HAB I SCREAM | comments(2) | -
スポンサーサイト
web拍手
04:52 | - | - | -
コメント
全く同感です。
最初に聴いた時、このアルバムに込められた感情の大きさに身震いしたものです。トピックも幅広く、トラックも良いものが並んでる。「ああ、HABにしか作れない、良いアルバムだなあ」と思ってたんで、あんまり良い評価じゃなかったことにすこし驚いてました。

その反発からか、ラップスタイルの変化に対する批判も、「確かに違和感はあるけど、変化はあって当然」と思ってたんですが……言われてみれば歌詞は聞きづらかった! そして確かに本末転倒でしたね。
魅力的な部分もあるので元のスタイルと、曲に合わせて使い分けてくれるようになってくれるといいんですが、一度変わったスタイルをちゃんと戻した例はあんまりないような……。
2009/12/30 5:38 AM by 阿呆鳥
twitterでもフォローどうもです!!

>トピックも幅広く、トラックも良いものが並んでる。「ああ、HABにしか作れない、良いアルバムだなあ」

そうなんですよね。完璧な出来だとは思ってはいませんが、この質感は本質的な所で2ndよりずっと1stの発展形と言えるものだし、なぜそこを踏まえた意見が聞かれなかったのか疑問ですよね。

>あんまり良い評価じゃなかったことにすこし驚いてました。

というわけで自分も同感です。歌詞カードと向かい合って一度聴けばあからさまなまでに狙いがわかりますよね。
評価するならもうちょっとトラックがどう、ラップがこうだの以外の視座がないと、それは果たして本当に音楽に、アーティストに向かい合う気があるのかと思ってしまいます。
まぁ、勿論自分もしょっちゅう出来てないんですが。

>、「確かに違和感はあるけど、変化はあって当然」と思ってたんですが……言われてみれば歌詞は聞きづらかった! そして確かに本末転倒でしたね。

まぁ、確かにあからさまに悪い点ばかりではないでうすよね!!
記事でも書きましたが、エモーショナル性を声に込めるという意味ではベストの変化だったと思います。
1stの「Power Of Word」で見せたやり方をアルバム丸々でやってのけたんですから、実は凄い事だと思います。
ただまぁ、リリックの聴き取り易さとの両立が残念ではありますね…

>魅力的な部分もあるので元のスタイルと、曲に合わせて使い分けてくれるようになってくれるといいんですが、

今回はアルバムの狙いがハッキリしてるので、きっと今回限定で使い分けてるんですよ!!
と言おうとしたけど、DJ TOSHIのアルバムでもこの声だったんだよなぁ…どうなんでしょうね。
少なくともMade In Japan 2004みたいな曲ではこの声は合わなくなっちゃいますしね。
2009/12/30 5:26 PM by 遼
コメントする











08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--