RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< Cypha File 01 / 自己進化論 / RY-DOUBLE | TOP | PROJECT:141 / E.G.G.MAN >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
爆弾発言 / REAL STYLA



1.開放
2.本物feat.Q
3.生命〜声明
4.R.S.
5.異変
6.汚染
7.職人feat.BACK GAMMON
8.余談
9.絶叫
10.一掃(ILLBUM ver.)
11.現状
12.志人feat.NOROY
13.真男feat.山田マン
14.無限



★★★★★★★★★☆




ラッパ我リヤ創設時のメンバーであるMr.RR(≒Q)と三善善三によるユニット、リアルスタイラの1stアルバム。客演は当時の走馬党員を総動員し、それ以外の客演は一切なし。そしてこの曲名の数々を見るだけで、この曲がいかにも走馬党「らしい」アルバムである事が窺い知れる。初聴でのとっつき辛さや一枚通しての聴きにくさは相変わらず。それでも聴き込むほどにどんどん耳に馴染んできていつの間にかすっかり魅了されている。そんな今までに何度も味わってきた走馬党作品特有の中毒的な魅力が最も発揮されているアルバムがこれであると僕は信じて疑わない。(我リヤの5thアルバムが双璧を成すようになったが)
随所に感じる漢の匂い。勿論二人のこのアルバムでの絶対的なカッコ良さがそれを匂わせるのだが、この作品についてはもうMr.RRより更にキレにキレている三善善三に賞賛を送りたい。この時のフロウと声質、韻のスゴさはもう誰にも到達できないレベルに達している。「汚染」や「余談」のヴァースなんて全て韻で構成されてるようなもので、圧倒される事間違いなし。
三善善三がキレまくってる一方でMr.RRもこの1999年辺りは全盛時。独特すぎるリズムでこちらのテンポを狂わしてくるフロウは唯一無二。そんな二人での曲でお薦めなのは「R.S.」。これこそ走馬党にしか出来ない曲。盛り上がり?派手なトラック?耳障り良いラップ?そんなもんクソ喰らえな日本語ラップが詰まってます。シンプルなビートにやる気があるのか無いんだかわからないHOOK、それに日本語を駆使した韻。それだけでこんな曲が作れるんですよ。アルバムのスペシャルサンクスで家族の名前まで無理に英語にしてるような一部の西系猿真似アーティストはコレ聴いて反省すべし。他にもLIBROの無機質なトラックと二人の社会へのメッセージが物悲しさを感じさせる「現状」など日本人だからこそ良さがわかる曲が随所にちりばめられている。
二人の力でこれだけの曲が作れるのだから、ここに最盛期の走馬党員が加わったとなればもうとてつもない事になるのは必然である。現INDEMORALのNOROYが参加した「志人」はコミカルな押韻合戦が楽しく、このアルバムでは最も聴き易い曲。歌うようなフロウが心地良いSKIPPと三善善三が一歩抜きん出ている印象。そしてここまでダラダラと書いてきた中で最も多くの人に聴いて貰いたいのが、やはり「真男feat.山田マン」。三善ビートの真骨頂である鋭さと重厚さが同居した骨まで響いてきそうなとんでもない迫力のトラックに合わせて走馬党代表格三人のラップが展開される。意外な正統派フロウで魅せてくれる山田マン。押韻、フロウ、どれをとっても今までの作品で最高レベルの仕事をしていると個人的に思っている三善善三。漢臭く真摯なメッセージを深く突き刺してくるMr.RR。どの面を見ても文句のつけようのない名曲を送り出してくれた。
はっきり言って聴き易さはない。韻踏合組合のようなフロウの面白さを加えた韻で魅せるタイプの方が万人受けは間違いなく良いだろう。しかし、それを身をもって感じてきながら自身のスタイルを変える事無くここまで貫き通せる彼らは只者ではない。とことん「日本語ラップ」を愛し、自らの方向性の正しさを信じて突き進んだ彼らの産んだ傑作のひとつがこのアルバムだ。もっと多大な評価を受けるべき作品。
web拍手
14:18 | REAL STYLA | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
14:18 | - | - | -
コメント
はじめまして。走馬党作品は一般に評価が低すぎると常々感じていたもので、彼らの魅力を過不足無く伝えてくれるこのレビューサイトを見つけることが出来て非常に嬉しく思います。実際、遼さんのレビューを拝読し、改めて彼らの作品を聴き直したい気持ちになりました。
RSのファーストは走馬党作品の中でも最も好きなものです。これだけ重く真摯なメッセージをかくも巧みなライムで表現したリリックとフロウは、空前絶後であると思います。
是非セカンドアルバムのレビューも期待致します。(評価は相当落ちるものと予想されますが・・・)
長々と失礼しました。今後も実物を聴きたくなるようなヴィヴィッドなレビューをお願いします!
2006/04/19 11:59 AM by page3
初めまして!!
本当に評価が不当に低いですよね…「リズム感がない」、「聴きにくいだけ」という感想を目にするときは本当に憤りを感じます。
好きかどうかは別として本当に聴き込んだならば絶対にそんな感想は出てこないはずなので。
オレも多分コレが一番好きですね〜「走馬党ってどんな奴ら?」って聞かれたらコレを渡すと思います。
しかし何度聴いても真男のトラックにはヤラれる…。
そしてありがとうございます!!オレ自身そうやって自分のレビューを見てくれた方が何か突き動かされるようなものを書きたいと思ってこのブログを始めたので、そう言って頂ける事は本当に報われます。
RSの2ndもまたいつかしますね〜評価についてはお楽しみという事で(苦笑)
ちょっと今は忙しくて更新停まってますが、是非期待に応えられるようなものをこれからも書いていこうと思います!!
2006/04/20 12:51 AM by 遼
数日前に我リヤの「日本改造計画」を買い、そしてこのレビューを読んで「爆弾発言」を買いました。
「真男」が今のところ一番好きです。今まで聴いたことのある山田マンのラップの中で最高でした。これから少し走馬党関連の曲を聴いてみようかなぁと思ってます。
と言うわけで、ここのレビューを参考にさせていただきます^^

2006/08/25 9:01 PM by ライム飛車
初めまして☆
日本改造計画ですか〜!!あれはなんといっても「走馬党GRANDPRIX」が最強ですね。
で、この爆弾発言は本当にいいアルバムですよ〜!!慣れるまでは本当に聴き辛いと思いますが聴きこんでいけば客演曲を中心に段々魅力がわかってくると思います。どんどん走馬党ファンの方が増えてくると嬉しいですね〜!!コンピも控えてますし☆
ありがとうございます!!ヘッポコレビューですが是非参考にしてやってください。
…なんか改めて見るとホンマにこのブログ走馬党だらけやなぁ…
2006/08/26 1:42 AM by 遼
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/26
トラックバック

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--