RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< F.E.R. ONE 〜響音kyoto〜 / FAR EAST RHYMERS | TOP | SPLIT EP VOL.3 / ALI-KICK & MARUHIPROJECT >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
DAI SAN DANRAKU 97PAGE / MURO


1.DAI SAN DANRAKU 97PAGE
2.CONCRETE JUNGLE
3.Q FROM A feat.Lil'MURO
4.XXX-LARGE Pt.2 feat.DEV-LARGE,GORE-TEX
5.DAI SAN DANRAKU 97PAGE (MURO & DJ WATARAI REMIX)
6.CONCRETE JUNGLE (BEN THE ACE REMIX)

★★★★★★★★☆☆

MICROPHONE PAGERとして活動していたMUROの、ソロデビューミニアルバム。1997年7月15日発売。DJ BEN THE ACEがNYで設立したSPELLBOUND RECORDSからの発表となる。

MICROPHONE PAGER時代のMUROのラップスタイルがそのまま受け継がれた唯一のソロ作品で、当然音の面でも90年代のクラシカルな質感が詰まっている。その王道的なフロウと音の組み合わせは今になっては歌詞カードを目で追いながら聴くには少々退屈するかもしれないが、基本型であるがゆえにHIPHOPエッセンスが濃密に凝縮されていることも事実だ。

このミニアルバムは1996年7月7日に行われた「さんぴんキャンプ」からほぼ一年後に発表されたものだ。あのイベントは「日本のHIPHOP」の地盤がひとまず形作られたことを対内的に示し、「HIPHOPシーン」の存在を対外的にアピールするイベントでもあった。その設定をひとまず終えたMUROがようやく自分のキャリアを振り返る余裕を得て書いた曲が「
DAI SAN DANRAKU 97PAGE」だ。リリックをほぼ全て書き換え、よりブルージーなトラックに差し替えた「DAI SAN DANRAKU 97PAGE (MURO & DJ WATARAI REMIX)」と併せて、苦難ばかりが思い返される第2段落までと、ようやく一定の満足感と共に前を向くことの出来るようになった第3段落の差がこの数年の激動を思わせて興味深い。

実妹Lil'MUROの問いに一問一答形式で答える「
Q FROM A」にしても、J-RAPとの戦争、HIPHOPイズム体現を優先してきたMUROにとってようやく自分という人間の価値観を丸々吐き出す機会を得たかっこうだ。キャッチーなテンポが90年代のハーコーサイドHIPHOPには珍しくて良い感じ。文字通り空前絶後の組み合わせである「XXX-LARGE Pt.2」も、やっと次の世代に語りかけることが出来たといったところか。曲としてはガナリ最盛期のGORE-TEXが良いアクセントになっている。

ドカンとインパクトのある曲こそ無いが、飽きることを覚えさせない味わい深い数々のドープシットが静かに佇む。NYのレーベルな上にリリックから察するに1000枚しかプレスされなかったようで、他のMUROの作品に比べると余り見かけないようにも思うが、2005年に再発されたようだ。6曲で29分のボリュームに込められた、一仕事終えたMUROの熱い言葉に今からでも耳を貸してほしい。
web拍手
10:06 | MURO | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
10:06 | - | - | -
コメント
コメントする











06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--