RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< GAME PLAN / The Brobus | TOP | THE DAY / HILL a.k.a.HILL THE IQ >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
Strong But Silence feat.S.B.S / GM YOSHI


1.Strong But Silence 
2.Play tha' steel 
3.Cut the funk 
4.Spaceship #feat.UJ 
5.Play tha' steel #Instrumental


★★★★★★★☆☆☆☆

レペゼン大阪のグルーヴマスターことGM YOSHIの1stソロシングル。ラップは全てS.B.SからBOOとU-ZIが担当している。1999年4月10日発売。

帯にでっかく「KING OF FUNK!」なんて言葉を載せてくるのもあながち言いすぎとは言えない。GM YOSHIのベースとドラムで倍掛け的にグルーヴを増幅させていくトラックはかなり味わい深く、ファンク本来の原始的な魅力を携えている。特に本当にベースとドラムだけで見事なまでに音に肉体感を与えた「
Strong But Silence」は是非インストが欲しい。(アナログとかでインスト付きのが出てたりするのかな??)

この頃から一応ラッパーとしての義務は果たすものの何かにつけて歌いたがるBOOと、MC仁義のようなフロウを聴かせるU-ZIの2人のラップは悪くは無いけれど、そのラップをもってしてGM YOSHIのトラックを更なる次元へと引き上げたかと言われるとそれはない。むしろ彼らのラップがトラックに助けられた感が大きい。

それでもU-ZIがラストヴァースで頑張った「
Strong But Silence」はやはり生粋のFUNK直系のHIPHOPチューンとしては魅力的であることは間違いない。ラガサイドから迎えたUJのちょっとつたないフロウが良いスパイスになった「Spaceship #」のスペーシーな音の上での勢いあるマイクリレーも、トラックあっての推進力とは言え(その意味で今作はやはりあくまでGM YOSHIの作品だ)、90年代的なHIPHOPの良さが詰まっている。

このトラックにならあんなラッパーやこんなラッパーを呼んでればもっと…と言うたらればが出ないわけではないが(例えばWORDSWINGAZならこの音を更にドロドロに汚してくれただろう)、とにもかくもGM YOSHIの力量を示す作品という意味では十分アピール出来たシングルではないだろうか。でもほんとBOOはこの音の上じゃ歌っちゃダメだよ。声が浮きまくり。
web拍手
15:34 | GM YOSHI | comments(2) | -
スポンサーサイト
web拍手
15:34 | - | - | -
コメント
この曲は知りませんが、SBSはアナログ盤を5枚は出してますね(たぶんCDでリリースされてません)。そのうちの一枚の“RM2”b/w“Funky Pitch Man”は、A面でU-ZI、B面でBOOがラップしています。両面とも土臭いサンプリング主体のトラックなので気に入ってます。ちなみに“RM2”は『妖怪人間ベム』モロ使いです。
2009/12/13 1:18 PM by たこ
アナログは結構出してますよね、彼ら。
でもその盤は見たことないですわ〜…また探してみます!!

>ちなみに“RM2”は『妖怪人間ベム』モロ使いです

たまにこういうトンデモサンプリングがあるからHIPHOPは楽しいですよね笑
同じ大阪のMCのFunky Gが火曜サスペンス劇場や世にも奇妙な物語の曲にラップを乗せたりもしてましたし、こういうのはどんどんやってほしいです。
2009/12/14 6:50 AM by 遼
コメントする











06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--