RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< THE JUNK CITY RENAISSANCE / Zipblock | TOP | Threee / EAST END >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
El Carnaval / MURO


1.El Carnaval
2.El Carnaval remixed by Tom & Joyce(Reinterpretation)
3.11154
4.11154 remixed by Coldcut(Rewired 80's Mix)
5.El carnaval (instrumental)

★★★★★★★☆☆☆

ソロ初のフルアルバムとなる「
Pan Rhythm」に先駆けてMUROが発表したシングル。2000年7月5日発売。

MUROが「
Pan Rhythm」以後しばらく使用する詰め込み型のファストフロウを、ソロ音源で最初に駆使したのがこのシングルだ。壮大なワールドトリップアルバムとなった「Pan Rhythm」にその情感を伝えきる為には、既存のフロウでは余りにも現代の時間軸でその言葉を完了できなかったのだ。

そのドデカい旅行のほんの顔見せとなる「
El Carnaval」は、スパニッシュギターがムードたっぷりに駆けるラテンチューン。アルバムの方向性を示すのにはうってつけのナンバーだったろう。フランスからTom&Joyceが駆け付けたリミックスは、[Reinterpretation]の文字がある通り、ラップも取り払われた完全に別物。ボサを楽しめる方にはお得な一曲ではあるだろう。

しかしこのシングルは、何と言っても「
11154」にこそその重みが置かれるべきだろう。アルファベットの11番目はK、15番目がO、4番目はD、合わせてK.O.D.、キングのあざなだ。アルバムの存在があってこそその存在に理解が可能となる「El carnaval」と違い、こちらは自己主張を含ませた曲名まんまのMURO印の逸品だ。ファンクネスなトラックの裏に数々の仕掛けを潜ませ、正攻法を避けているあたりこの頃のMUROらしい。MUROのHIPHOPを楽しみに来たなら、このシングルの目玉は間違いなくこっちだろう。

そして原曲を2分近くも伸ばした「
11154」のリミックスを手掛けたのはなんと、イギリスの誇る忍者集団を纏め上げる双龍・Coldcut。80年代のオールドフレイヴァを散りばめながらも、混成法すぎる様々な音の濁流に呑まれる6分弱。King Of Diggin'の名に挑んでいるかのような彼らの本気が味わえる。

アルバムへの指標となる曲、これまでの自身の軌跡の再確認となる曲と、アルバムに向けての明らかな中間地点に設置されたシングルと言えるだろう。
web拍手
03:11 | MURO | comments(4) | -
スポンサーサイト
web拍手
03:11 | - | - | -
コメント
RSS登録して更新の度に見に来てます。

「11154」はベストアルバム『MUROTIMATE BREAKS & BEATS VOL.1』に収録されてます。「オリジナルアルバムに未収録」という意味だとは思うんですが、念のため。
2009/11/28 2:03 AM by
こんばんは、コメントありがとうございます!!

あぁ、RSSですか!!RSSね!!(よくわかってない人間)
ともあれいつもこんなブログに足を運んで頂きありがとうございます。
最近はウチが始まって以来の更新ラッシュですので、何度も来て頂けるよう頑張ります。

>「11154」はベストアルバム『MUROTIMATE BREAKS & BEATS VOL.1』に収録されてます。

只今確認しました!!いや〜MUROのベストはありすぎてもう何が何やらです…
頂いた情報を参考に、記事に注釈を付けておきました。
情報提供感謝いたします。
2009/11/28 2:24 AM by 遼
いや11154はPan Rhythmに収録されてるんじゃないですか?
2010/02/14 5:31 PM by
コメントありがとうございます!!

本当ですね。
アルバムも持ってるのに僕は何を見てたんでしょうね。
記事も訂正致しましたし、コールドカットがイケイケなリミックスをしてますからなにとぞご勘弁を…

ご指摘ありがとうございました。
2010/02/15 12:27 PM by 遼
コメントする











11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--