RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< SLICK LYRIC / NAUGHTY | TOP | 0.0.0.9.9.9. / GASHAAN!!? >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
FUNK JUNK 創刊号 / マイカデリック
 

1.Intro
2.この男凶暴につき 
3.072型アンドロイド起床実験 
4.MICADELICAL 
5.闘 
6.斬  feat.HIDENKA
7.今,そこにある危機 
8.タダシの上でミコスリハン 
9.INSOMNIAC
10.有視徹戦


★★★★★★☆☆☆☆

マイカデリックが遂に世にお披露目となってしまった1stアルバム。2000年4月10日発売。

今の真田人とダースレイダーのラップスキルどころか、後の「
娯楽の殿堂」の頃と比べても当時の二人のスキルが格段に低い。勿論それは当然の事で、逆に言えばそれからいかにラッパーとして成長したかという証でもあるのだけれど、この作品の評価に際して述べるならばやはりその(後々と比べれば)稚拙なラップはちょっとしんどい。

中途半端な韻をつまらなさそうに踏む真田人、「
娯楽の殿堂」の頃のハチャメチャラップの発展途上のようなダース。何より道徳的タブーの扉を遠慮なく蹴破っていくスタイルのはずのマイカデリックなのに、この頃はリリックを包括的に纏める技量が絶対的に足りてなくて、「今そこにある危機」を除き繋がりのないブツ切りなギャグリリックが小節ごとに寂しく入れ替わるだけだ。ほぼFUNK入道の手によるP-FUNK式のトラックもまだまだ手探り状態。

それなりに良かったのは、彼らの初期のパワープッシュ・「
その男凶暴につき」と「」か。「その男凶暴につき」はこのアルバムで貫かれているベースのパワフルさに賭けたトラックが最も良く合っていて、ロウなノリで攻める二人が中々カッコ良い。唯一DJ ITAOの手による「」は、後に発表される全員暗黒面に落ちたような三善REMIXが強烈すぎるものの、HIPHOPマナーにのっとり正しく仕掛けるこちらも良く出来ている。

アルバムとしてはジャケットに象徴される溢れるアイデアにスキルとトラックが追い付かなかった印象がどうしても拭えない。この後彼らは外部プロデューサーを迎えて発表した「
FUNK JUNK 増刊号」や「MB5」で経験を積む事になる。その結果メジャーと契約して、そのゴージャス感を丸々借り切って見事にエンターテインメントして見せた「娯楽の殿堂」の溢れんばかりのテーマパークっぷりは、正に彼らがこのアルバムでは燃え残ってしまった部分まで完全着火出来たアルバムだったのだろう。
web拍手
01:18 | マイカデリック | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
01:18 | - | - | -
コメント
コメントする











08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--