RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< Aquarius presents Dramatica / Aquarius | TOP | DOG'S LIFE / 長谷川恵里 >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
失恋ヘビー級 / キエるマキュウ
 

1.消火栓 
2.鉄の爪 
3.開かずの踏切 
4.ポキート 
5.迷路 
6.パズル(失恋ヘビー級) 
7.非常口(inst) 
8.花火


★★★★★★☆☆☆☆

Illmatic Buddha Mc'sのCQとトラックメイカーとしても名を馳せるMAKI THE MAGICのユニット・キエるマキュウのミニアルバム。2003年1月30日発売。この年の9月に名盤「
The Peep Show」が出る事もあり、それに先駆けての肩慣らし的要素の強いミニアルバム。

キエるマキュウの2人は厳密な意味でのスキルという点ではお世辞にも優れているとは言えない。だからこそ変態と天才は紙一重を地で行くリリックにMAKI製の黒いトラックをまぶして、その埃っぽいHIPHOPグルーヴを楽しんでもらうという手法が取られてきたわけだが、今作では単純にMAKIのトラックにお試し要素が多すぎて、しかもそれがあまり成功していないものだから初めて作品としてイマイチだと思った。

2ndのオリエンタルな作風を劣化させたような「
開かずの踏切」ではベースラインすら無いし、ラストを飾る「花火」もMAKIらしからぬ派手に彩られた上ネタの下でボトムが怠けすぎて全く面白くない。トラックとの噛み合わせが上手くいかなければ2人のラップは白昼のイルミネーションみたいに光らなくなる。純粋なラップスキル勝負ではない彼らのラップの、そのヘンテコな言葉が黒さを纏わずに登場してくると、下ネタを言っているだけのサムいお笑い芸人のようにしかならない。3rdに向けての実験作だったのか、はたまたもう粗方出来上がっていた3rdからボツ曲を抜き出した音源集だったのかはわからないが、唯一マキュウの作品で高い完成度を誇っているとは言えない作品。

ただ
堅実なHIPHOPビーツで仕掛けてきた「鉄の爪」だけは段違いに出来が良い。疾走感溢れるドラムもさることながら、ベースラインがカッコ良い。最終的にこの曲や「非常口(inst)」の路線を貫くことを選んでくれて、8ヵ月後に発表されたのが日本のHIPHOP史上トップクラスのフィジカルを誇る「The Peep Show」で本当に良かった。
web拍手
10:34 | キエるマキュウ | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
10:34 | - | - | -
コメント
コメントする











08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--