RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< Japanesta -Little Boy&Fat Man- / Phobia Of Thug | TOP | enter the Garage Vol.1 / ダースレイダー >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
愚者の腑 / 三善出 a.k.a.三善善三
 


1. まいりましょう~乱飛乱外 
2. 財宝 
3. 怪盗夜乃毒露 
4. ここの詩 
5. 宇宙幻想 
6. アブナイ~報告 
7. 今日もいつも同様 
8. 正直者の権兵衛さん 
9. 追想 
10. 巌 
11. 明日
 

★★★★★★★☆☆☆


ラッパ我リヤのオリジナルメンバーでもあり、年中男祭り集団の走馬党を陰で支える良き親父、三善善三が三善出(みよし いずる)と改名し放った3rdフルアルバム。2009年8月1日発売。作詞作曲演奏から録音、ミックスまで全て一人でやってのけた、ベテランによる究極の山篭りアルバムだ。

サウンドも材料はAKAIのMPC(恐らく2500)にヤマハSGにMarshall Amps、これだけ。トラックの幅を意図的に制限している(せざるを得ない制作環境だったのかも知れないが)ため、収録曲も主に2タイプに大別出来るだろう。ひとつは
乱飛乱外」を筆頭とする、ほぼ単語のみがブツ切りに曲中に配置された感覚的なもの。もうひとつは「怪盗夜乃毒露」などのように、曲中に明確な物語が設定されているもの。この2タイプが立ち代りに展開していくことで、トラックが前述の通り同一手段によるサウンドによってアルバム全体の下地を等しく平坦に保っているのに対して、リリックの内容、スタイルの変化性によって非常に気持ち悪い閉塞感が襲ってくる。

この気持ち悪さの見せ場は、間違いなく「
ここの詩」からの一連の流れだろう。上空でアンニュイに展開するシンセが比較的ポジティヴな空間を作り出す中、母の胎内から生れ落ち、家族を築き、しかし争う結果血塗られた人生を歩むことになった情景が「ここの詩」で単語レベルで描かれる。こうして人の生き様を2分弱の曲に落とし込んだ後に、モロにスペースファンクな「宇宙幻想」の音が突然耳に開ける。HOOKの言葉を借りれば「広大な脳内航海」を目指して人が抱え持つ葛藤の部分を、また単語単位で言葉を配置して抉り出す。こうして文章ではなく単語レベルの異常感が感覚的に訴えてくることによって、聴き手は左脳よりも右脳でこの作品を脳みその理性のリミッターが外れた状態で聴き続ける。

続く声ネタのみで構成された「
アブナイ」で言われるとおり、「しっかり狂っちゃって」る状態が完成する。そんな頭にはどんな選りすぐられた名文よりも、続く「報告」でのまたしてもな単語だらけで構成された社会批判の方が遥かに鮮明な情景を右脳が浮かべてくれるし、年老いた貧乏な母子の辛過ぎるルーティンな日々を描いた「今日もいつも同様」で唸る気色悪い低音シンセすら心地良く感じられてくるだろう。続くオレオレ詐欺に騙される老人を描いた「正直者の権兵衛さん」を社会批判の曲ではなく、三善の間の抜けた語りと併せてユーモラスソングとして受け取る事が出来れば、もう作り手の狙い通り。ここまでの鬱屈したサウンドと言葉の配置によって、どんな善人もイカレポンチにしちゃう最高のキチガイアルバムだ。

これ以降の後半には三善が飼い猫に哀悼の意を捧ぐ「
追想」、「ドロドロに渦巻く情念 吐く自己表現」を唯一前向きな意味で解放した、ギターが捻くれずにちゃんと尖ってる「」を経て、未来への期待と同等の不安を抱えながら歩く三善の本音が毀れ出る「明日」と、聴き手の脳みそを弄繰り回すのではなく三善本人の情景が描かれ、奇天烈と言われる三善の作品中でも最もアブナい方向に振れたアルバムは幕を降ろす。

1st「三善的大魔境」のような、純粋な(あれでも一般的なHIPHOPとしては変だったが)ラップアルバムを求めるのであり、ラップアルバムとしての視点でしか評価しないつもりなら、どんな三善ファンでも今作は買うべきではないだろう。ハッキリ言ってラップがフロウ、スキル、押韻という意味でキレてる曲は皆無だし、そもそもラップとして成立していない曲すらある。そうした意味で、ウチが日本のHIPHOPをレビューするブログである以上、その視点からは★は3つ4つといった所に落ち着かせるのが正しいのだろう。

しかしHIPHOPという括りに入れなかった場合、この野生的なファンク感や脳髄までキチガイウイルスに犯されるようなトリップ感はかなり評価すべき点があるのも確かだ。我こそはと思う捻くれ野郎共こそ挑戦して、どうせ見事に打ち負かされるだろうから、この中盤に代表される歪濁な音世界に飲まれて明日からの生活もままならないくらい脳構造を弄られれば良い。声の録音環境が宅録らしくかなり安っぽかったり、やっぱりラップアルバムとして楽しみたいという気持ちも正直あったが、作品としては「おればむ」以上に刺激的な目的地を目指した怪作と言える。これこそオリジナルじゃねーの??
web拍手
17:55 | 三善善三 | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
17:55 | - | - | -
コメント
コメントする











09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--