RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< 5th WHEEL 2 the COACH / スチャダラパー | TOP | Everybody Needs Love / VLIDGE >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
とぐろ / DMR



1.和和和
2.DANGER MICROPHONE RANGER
3.OH! イチニサンシ
4.毒まむし輪舞曲
5.抱かれたいMENZラップfeat.COMA-CHI
6.NYフローfeat.カルデラビスタ
7.オーアタタタタpt feat.鎮座DOPENESS
8.韻先行feat.カルデラビスタ
9.怪奇!
10.引越しfeat.勉僧,GUINESS,シノミヤ,EAT,鎮座DOPENESS,未踏,WANS,DEFLO
11.鉄砲玉
12.ファブリースfeat.COMA-CHI
13.MIXTAPEANTHEM feat.DEFLO
14.ランランラン
15.早朝WALKfeat.COMA-CHI
16.CHIEFROCKA
17.GET BUSY YO!!


★★★★★★☆☆☆☆




これまでの明るいクレヨン色調とは明らかに異なるイカれたジャケット。客演陣にアングラシーンで活動する全国のラッパーを積極的に起用。ジャケの表裏を確認するだけでこれまでのDMR作品とは一線を画す事を予感させる4th(実質3rd)アルバムであるが、やはり内容もこれまでのパーティー的なノリから一気にダークなサウンドに傾倒している。ラッパー達も作品を重ねるごとに成長していき、特にはなびの最近の活躍ぶりは目を見張るほど。先のダメレコ・コンピでの仕事辺りから、りんごの頃の曲ごとのムラの大きさは消え、このアルバムでは完全に自身のスタイルを確立した。「和和和」での意外な正統派フローや「毒まむし輪舞曲」での得意の語り口調のラップまで、曲によって合わせられる巧さがついてきた。まぁ実質今回のアルバムの中核を成すこの二曲ははなびを抜きにしてもヤラれる事必至。
「オーアタタタタpt」での鎮座DOPENESSのイカレっぷりや全国のアングラ勢を起用した「引越し」での個人的に注目している鬼乃居ヌ間ニ鬼畜鉄道の勉僧の仕事も光る。そして今作の大穴がガスケンとインダラの「鉄砲玉」だ。これまで大した印象を持っていなかったガスケンがこれだけカッコ良く感じたのは初めて。
と、あちこちに聴き所はあるのだがアルバム全体としてはどうもこれまでよりこぢんまりした印象。今までの詰め込み風の作品群から脱却し、アルバム全体の作風は最もまとまっていて聴きやすいのだが、逆に一曲一曲の個性や爆発力は小さくなった。爆弾の火付け役であるDMRの三人のラップが今までより薄味なのも一因か。だがこういうアルバム全体としてまとまった作品がこれだけの大人数で作れるようになった事自体は、これからの彼らの更なる発展を予感させる。今までの好き放題やらかしてたダメレコが好きな方には多少の不満が残るかもしれないが、逆にこれまで敬遠していた方には最も入りやすい作品かもしれない。ファンク入道(ダース)によるトラックも曲を重ねるごとにあがっていき、このアルバムでは相当なレベルに達してます。ちなみに音質は大幅に改善。
web拍手
16:02 | DMR | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
16:02 | - | - | -
コメント
私も「和和和」でいきなりヤラれましたがその後が
続かなかった感じですね。まぁなんとなく焦りながらきいていたんでよく理解していない曲もあります。とぐろを購入したのはセンター前日でしたから。
2006/02/25 11:03 PM by 尻男
いい曲も結構あるんですが大体の曲が「あと一歩」って感じですね。
そうですか!!じゃぁ今は丁度前期日程辺りでしょうか??
オレは頭の悪さ故途中で国立は諦めましたが(苦笑
頑張ってくださいね!!
しかしCOMA-CHIのアルバムは相当イイです。
特にTARO SOULとの曲はラップですらないかもしれんけど名曲!!
2006/02/26 11:54 AM by 遼
僕は相当気に入ってます。
実はいままでのゴチャゴチャ感が苦手だったのが、整理されて1曲ごとに方向性があるってゆうか・・・上手く言えないんですけど。
何度も聴いてるとハマル感じです!
2006/03/02 3:36 AM by 寝過ごしマン
そうですね〜レビューでも触れましたが今までのダメレコが好きな方にはあまり受け入れられず、逆に今までのダメレコが苦手な方には入りやすいアルバムだと思います。
まぁいい意味で落ち着きがでてきたんじゃないですかね。
このまま勢いでいってても正直一過性のアングラブームの一端で片付けられたりしそうだと思ってましたし…
2006/03/02 6:02 PM by 遼
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/21
トラックバック

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--