RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< The Mission / North Coast Bad Boyz | TOP | neworlder / radio aktive projeqt >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
ICE CITY BREAK / DAI-HARD
 

1 .LIKE A... 
2. HA-NA-BI-RA 
3. HERE I AM feat. MARS MANIE 
4. NEW WORLD ORDER feat. HOKT, 565, TWO-J
5. DIRTY ROUND feat. NORTH COAST BAD BOYZ
6. WOOOHH 〜Mr. SP〜

★★★★★★☆☆☆☆

本隊であるNORTH COAST BAD BOYZによる先の「The Mission」から余り間を置かず、2006年11月22日に発売されたDAI-HARDのソロミニアルバム。NORTH COAST BAD BOYZの中でも一人立ちできるだけのスキルを持つ数少ないラッパーだが、実際このソロ作の方が先の本隊のミニアルバム以上に聴き応えがある。ちゃんとラッパーとして一定の器量を持つことの証明だろう。

考え無しなオラオラ感だけで構成されてると予想していると、「
LIKE A...」で早速ガツンとやられた。この手のラッパーらしからぬ情緒的なトラック(ネタが聴いたことある気がするけど思い出せない…)の上での決意表明。ありがちな無根拠な自信なんてものは排除され、ストイックに志を示す姿勢が良い。続く「HA-NA-BI-RA」ではしっかりとしたストーリーテリングを披露。ここでも余計なリリックは排除し、6分近くかけてススキノで夢が散っていく少女の姿を歌う。FREE-JAYの扇情的なトラックも手伝って、ここまででDAI-HARDへの評価はある程度上がったと言える。

だがソロ作として良かったのはここまでで、この二曲が終わればあとは歌詞カードは放り投げて「雰囲気で聴く」HIPHOPの聴き方に移行して問題ない。ビッチだのギャングスタだの言葉は実は一度も出てこないが、普通に典型的なセルフボースティングものがゲストを交えて開始される。別にそれ自体は良いのだが、何故かMARS MANIEが参加してる「
HERE I AM」、これまた何故か565がいる「NEW WORLD ORDER」と、共に「隙間」を際立たせる引き算的なトラックが勢いを封殺していて勿体無い。これこそまんまNORTH COAST BAD BOYZのノリでやれば良かったのに。あとII-Jはトラックは毎度良いものを作るのに、ラップは無意味な中学英語ばかりで聴いてて退屈。

ただ本隊を引き連れての「
DIRTY ROUND」はかなり良い。明らかにサウスの影響を受けまくったS55によるダーティなベースなんかはまんまLil'Jonだが、やっぱりあのサウスもの特有の勢いがここでも生まれていて、自らよく頑張ったS55始め、各々先のミニアルバムよりずっと良い働きをしていた。

トラック選びが少し勿体無かったという思いは残るが、ソロ立ちするだけの意味は見出せる作品は出したと思う。なんか活動方向が怪しくなってる本隊の作品に下手に手を出すなら、こっちから始めてみるのもありかも。全6曲、尻上がりにテンションを上げていく構成で、ちょっと時間が空いたときにでも聴き疲れなく聴けるのも良い。
web拍手
08:42 | DAI-HARD | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
08:42 | - | - | -
コメント
コメントする











06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--