RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< The Genesis / B.D. The Brobus | TOP | 0 (ゼロ) / タイプライター >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
Art Of Smile / Smile Blossum



1.Intro 
2.万華鏡 feat. BOO 
3.兎と亀(SLOW ver.) 
4.菫 
5.砂漠 
6.言の葉 
7.枯れ葉 
8.Interlude 
9.Straight Out The Jungle (SMILE BLOSSOM ver.) feat. KN-SUN, JAB, NAJIMI & Q-ill 
10.半ズボンの少年 
11.Interlude 
12.色彩画 
13.目蓋 
14.青色コントラスト 


★★★★★★★☆☆☆


人は、情報が抽象的であればあるほどそこに意味を読み取ろうとし、具体的になるほどその努力を怠るように思う。そうであれば、目下の主流であるパーソナルな写実型リリックによってここ数年でリスナーに根付いた価値観が「いかに実体験に根付いた出来事を表現出来るかによってリアルの度数は決定される」ことなのだとしたら、笑うに笑えない。SHIKIの「言葉の裏側がわかるかな」をパンチラインとしででなく、メッセージとして受け取っている人がどれだけいたのだろうか。音楽においての歌詞とは、歌い手の価値観が、それに基づいて優先度の高い言葉たち、事象たちを音に載せたものであるはず。

そういう意味で最近の写実型のHIPHOPは、自分のバックグラウンドを包み隠さず曝け出す事で自分への理解をそこから読み取ってもらおうという、非常にリスナーを信頼した類の物だったと言える。しかしその結果、それらのリリックが「実体験に基づいてるから、イコール正真正銘のリアルだ!」なんて形で評価されているのならあまりにも気の毒だ。これらのリリックは、アーティストが体験した出来事に自己の感想を付加してそのままアウトプットしてくれるのだから、逆算的に読み取ればかなり限定的にそのアーティストの実像に迫れるはず。経験描写という有限的な資源を用いて丹念に選び取ったリリックを、そんな表面的な部分での評価で留めて置くべきではないし、ましてや機械的にリアル度測定の方程式に代入するような行為は安直過ぎる。マジで「もっと言葉の裏側」を理解しようとする努力が成されるべき(勿論僕も含めて)。 自分の半生を規格にして言葉を紡ぐ事、自分という規格を捨ててエンターテインすること。それ自体がHIPHOPとしてリアルかどうか、優れているかor劣っているかに直結するなんて、そんなアホな話ないですよ。

そんなわけでこのSmile Blossom(スミレブロッサムと読む)が、「Intro」でわざわざアルバムコンセプトを説明してくれてるのを聴くと申し訳なくさえ思えてくるんだけど、その内容が面白かった。
Smile BlossomはCLEA (MC)、Takashi (BEAT)、3422 (DJ)、qmute (FLUTE)から成る神戸のJazzy HIPHOPグループ。今作で彼らは日常にいつもと違う色付けを行うことで、曲の対象物を独自に解釈し表現した。

全編に渡りピアノの旋律が印象的なトラック群は総じて高レベルに纏められていて、その上で清浄なリリックを紡ぐCLEAのラップと交わり更に魅力を増す。BOOとの意外な相性の良さを見せ付ける「万華鏡
」や、HOOKの言葉が印象的な「枯れ葉」辺りの心が洗われるような気持ち良さは確信犯的。特に「枯れ葉」のHOOKは歌とは違う、語りとしてのメロディが非常に巧いメロディを作ってると思う。また、唯一エレクトロニカとHIPHOPビートを融合させた「Straight Out The Jungleの、強烈なマイクリレーなんかも何度もリピートしてしまう中毒的魅力を持ってます。異色のマイクリレーだが全員絶好調。この「Straight Out The Jungle」なんて普通なら流れをブチ壊すところだけど、「Interlude」でワンクッション置く事で何の違和感も無く聴き続けられる。これを始め繊細にこだわり抜いたアルバム構成は非常に凝っていて、14曲サラッと疲れず聴けてしまう。後はリリックは良いのにフロウに緩急が無いため、言葉の落とし方が多少弱く単調になってしまっているCLEAのラップが進化すれば文句なしのグループだと思う。本当気持ち良い一枚でした。

なんにせよ、アーティストの創作物をもう一度解釈し直す事。その積み重ねによって平たく言えばアーティストとインタラクティヴな交流が持てることになる。「月とミラーボール」、「兎と亀」、「光とセピア」etc…。彼らがその価値観で、対象性のあるものを交わらせた世界をどう見るか、どう解釈するかもリスナー次第。


web拍手
09:02 | Smile Blossum | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
09:02 | - | - | -
コメント
コメントする











12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--