RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< 俺ガレージ Organization / ダースレイダー | TOP | Art Of Smile / Smile Blossum >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
The Genesis / B.D. The Brobus



1.Return Of The B
2.Poison feat.Nipps
3.Worst feat.JBM
4. 火迺要鎖
5.Bull's Eye feat.Bull Dawgs
6.Shine
7.Dirty Time
8.ダンタラ〜Tokyo Underworld〜


★★★★★★★★☆☆


頭悪そうに金・女・車、オレらスゲー!!と叫ぶか、ひたすらネクラに自分のリアルサイズを作品に投影してグチめいた悩み事相談室化するか。リスナーもアーティストも好みが二極化する中で、B.D.、そしてかつてのThe Brobusが持っていた適度なやさぐれ感っていうのは現代のシーンにおいて貴重な存在だなぁとつくづく思う。「ハードコア」、そのただ一点を射抜いてくる宇田川サウンドの血筋を引くBULLDAWGS周りの存在感は増す一方だ。

そのメンバーによる「Bull's Eye
」はその勢いがそのまま出たベースがブイブイいわしてるイカした男汁ナンバー。NITROイズムを彼らの下できっちり継承し、かつマス対コアの姿勢やファンクネスなサンプリングイズム(HASSY THE WANTEDにBIG UP!)も融合したこの辺の面々が今最も面白いことになっている。その延長線上としてMUROのホーンとベースで深みを出したトラック上でJBMも珍しくビートに乗ってくる「Worst」もあれば、まさかのNIPPS参加となる「Poison」も。NIPPSの登場(あんまり迫力は無いです、ぶっちゃけ。)以上に、こんな黒いピアノやベースの上で吼えてくれるB.D.の存在がたまらなく頼もしい。最近の若手でこういうの本当いなかったよなぁ。

B.D.のラップは巧さはあれど、終始ビートにきっちり合わせるフロウ。だからリリックが印象に残りにくかったり客演が来ると喰われやすかったりと、これからのソロ活動においてその辺りにはまだ改善の余地はあるかな、と。でもひねくれたこと思ってたら、ラストの「ダンタラ〜Tokyo Underworld〜
」で見事にノックアウトされました。なんじゃこりゃ…JASHWON製の強烈な前のめりトラックの上でB.D.が見事に一本立ち。いや〜このイケイケ感だよ、「リアルなリリック」を盾に規格内に収まっちゃう今の日本のHIPHOPに足りないのは!!もう最後に強烈な名曲が待ち構えてました。そんなわけですいません、もう文句付けようがありません。

でもCDに値段は書いといた方が良いと思うよ。税込2300円です。
web拍手
18:46 | B.D. The Brobus | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
18:46 | - | - | -
コメント
コメントする











08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--