RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< エネルギー革命 / ヨシピィ・ダ・ガマ | TOP | Realize It's All Real / ILLBLAST >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
赤落 / 鬼一家



1.小名浜 / 鬼
2.甘い思い出 / 鬼
3.スタア募集 / 鬼 客演 D-EARTH
4.見えない子供見てない大人 / 鬼
5.スキット
6.ontime07 / 鬼 客演 BES
7.鬼節 / 鬼 客演 GOUKI
8.我道 / 鬼一家
9.我道 鬼がらmix / 鬼 客演 NORIKIYO, Guinesse
10.スキット
11.都心 / BLOM
12.BOIDY SNATCHER / D-EARTH
13.都貘 / K.E.I
14.シェケバデ / 鬼三家
15.アウトロ


★★★★★★☆☆☆☆

SACのアルバムやCONCREET GREENへの参加などで、一部マニアから絶大な支持を受けていた鬼。彼を中心とした鬼一家から遂に1stが到着!!…なんですが、少なくとも僕が期待していたものとは大きく異なる毛色の一枚かも。そもそも鬼のこれまでの"挨拶"や"小名浜"が名曲たる所以といえば、リリックはもちろん、基軸としては正統派なビートの上で情感たっぷりに歌う伸びやかなフロウにあったわけで。それがこのアルバムでは、キンキン響く上ネタとせわしないビートが彼の長所を見事に打ち消してくれてます。ビートに追われてせわしなくスピットする曲の多いこと多いこと…。韻の堅さもさることながら、フロウで誰なのか気付ける数少ないラッパーだっただけに、今作のこの傾向が物凄く残念。一方的な見解に終始する政治批判がやたらに多いのもマイナス。

もちろんそうしたしがらみから逃れて軽快にかっとばせた我道シリーズや、ファンクウイルス満載でお送りするGOUKIとの真っ黒変態セッション鬼節みたいにそこそこ楽しめる曲があるのも事実。直接に政治に文句を言うのではなく、東京の一人の人間から見た世界を、主体的な狭量視点でシニカルに描く都獏」(良いタイトルだ)も面白い。7分間耳がK.E.Iのラップにひたすら惹きつけられます。

とまぁ評価すべき点もありますが、やはりメインである鬼の不調が痛すぎる。やっぱりトラック選びがちょっと勿体無いなぁ。ラッパーとしての力量は申し分ないのに。今作にも収録されたクラシック、「
小名浜なんてSEEDA周辺が盛り上がってきたここ数年で最もドラマティックな詩だと今でも思ってるし。またあんな名曲をボムってくれることを期待しながら、次回作「獄窓」を待つことにします。
web拍手
21:53 | 鬼(鬼一家) | comments(2) | -
スポンサーサイト
web拍手
21:53 | - | - | -
コメント
獄窓だから
2009/08/27 7:25 PM by
あらま変換ミス。
ご指摘ありがとうございます。
あときちんと間違いを指摘して下さるのはありがたいことなので、こちらがきちんとお礼を言うためにも、もしイヤでなければお名前を入れて頂ければなお幸いです…。
なんにせよ獄窓は初のソロ名義やしたのしみ!!
2009/08/27 7:50 PM by 遼
コメントする











06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--