RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< Floating Like Incene / Eccy | TOP | 赤落 / 鬼一家 >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
エネルギー革命 / ヨシピィ・ダ・ガマ



1.INTRO
2.錬金
3.Ocean Cruse
4.まだまだこっから
5.SKIT feat.G.K.MARYAN
6.D
7.RE
8.RHYME SHOWTING
9.SKIT feat.You The Rock☆
10.色
11.Life Cruise
12.エネルギー革命
13.PASS DA LAMP feat. D.O, SHINNOSK8, TSUN
14.Drive it
15.SKIT feat.TWIGY
16.Wining Road feat.48.9(RINO LATINA II, UZI, HAB I SCREAM, DJ PAT→504)
17.STORY

★★★★★★★★☆☆


高校生の頃に買ったKAMINARI-KAZOKUのアルバムの中で当時のお気に入りはThunder Breake Beats」だったんですが、時が経つにつれてあのちぐはぐなマイクリレーの何が良いのかわからなくなった(DABOはかっけーなと今でも思うけど)。逆に「ハレトケ」のあの鬱屈した雰囲気に魅力を感じてきて、中でも職人的な後ろ向きラップをしてたGAMAに惹かれました。2006年に届けられたこのGAMAの1stアルバムも「ハレトケ」にさして興味を示さなかった頃の自分だと、何の面白みも感じられなかっただろうなぁ。
DJ ANDO,DJ MISSIE,DJ YAS,DJ HIDE,MURO,DJ AMEKENなど雷周辺のトラックメイカー達がこぞってボトムで男気を示す無骨なビートを並べ、その上でGAMAがひたすらラップ。そりゃもうひたすら。特に韻に対して拘っているわけでもない。伝統的なオレオレ感を内在させながらもそれを「お前らも頑張れ」に置換したリリックをしたためていて、それがこのアルバムを語る際の切り口の一つになっているのは確かだけれど、特に斬新なメッセージが込められいるわけでもなく、それが彼のラップの屋台骨となっているわけでもない。HOOKで展開を変えて耳障りを良くすることもない。HOOKでもヴァースでも、ただもうひたすらに、途切れる事無くGAMAの平均万能型のラップが流れっぱなし。
こうした派手さのないラップと強靭な体幹のトラックが組み合わさるその部分に、ある種のグルーヴ感を汲み取れるかどうか。選民的な事を言うつもりはないけど、それが出来るかどうかがこのアルバムを楽しめるかの鍵でしょう。最小限の構成要素でグルーヴの生産体制を整えるシステムに黒人音楽の隋を見ることが出来るのなら、要するにこのGAMAのアルバムは最高にHIPHOPだし、アルバム出すたびに新しい遊び方を模索している他の雷メンバーよりも、そして半端なガヤガヤ感を纏ってしまったKAMINARI-KAZOKUのアルバムよりもずっと「雷」を正統継承した作品だ。
この部分に魅力を感じられたなら、後はもう後半までずっと楽しめます。ドラムとベースだけで唸らせるMISSIEの音とダラダラ流れるGAMAのラップがダラけたグルーヴを醸成する「
OCEAN CRUISE」始め、YASらしい低音の効かせ方が渋く、GAMAの特徴を見越して作ったのであろうヴァース間の展開が耳に気持ち良い「まだまだこっから」など、佳曲がズラリと並びます。中盤には比較的聴き易い曲が並び、メロディアスな音の乗せ方が地味に巧い「RHYME SHOOTING」や「」、「DRIVE IT」辺りも何度聴いても飽きがきません。

ただ逆にこうした一貫して続くストイックながらもダラダラしたノリが気持ち良かったので、終盤の特に良いわけでもないマイクリレーものは流れをブチ壊しで不要だったと思う。このアルバムへの客演は「
エネルギー革命」のRINOの登場割合くらいで十分。同様の理由から、いきなりトリップホップ的な方向にギアを変えるKENSEIとの「STORY」もラストを締め括るには浮いた匂いを残しすぎてる。雷のメンバーが軽くシャウトするだけのSKITもアルバムになんの捻りもなく5曲ごと等間隔に突っ込まれているのを見ればアルバムの流れにプラスの効果を持たないことは明らかで、耳休め的な機能を持たせるなら挿入する位置、内容とも再考するべきだった。と幾らか惜しい部分もありますが、ソロ曲に関しては全て高水準を保っていて良質なアルバムと言えるでしょう。「MAKEするぜぇ」にぽかんとなって、「ハレトケ」で「おぉっ!!」となった方ならきっと気に入るはず。
web拍手
10:50 | ヨシピィ・ダ・ガマ | comments(4) | -
スポンサーサイト
web拍手
10:50 | - | - | -
コメント
DJ ANDOのトラックは結構かっこいいですよね、Rhyme Shootingが特に好きです。コマチの1stでのお仕事もよかったですね!
2009/08/18 11:05 PM by たこ
Rhyme Shootingオレも好きです。
というかこのアルバムは大体好きかも。
DJ ANDOはそういやCOMA-CHIの1stでミチバタとBye Bye Myself手がけてるんですね。
ミチバタのあの感じは当時のCOMA-CHIだから出せた脆弱性が感じられて大好きです。
2009/08/20 2:02 AM by 遼
はじめまして。
エネルギー革命のトラックが、何故か耳に残ったりしません?
80年代の刑事ドラマのサントラみたいな・・・。
2009/09/07 12:42 AM by 思考遊戯
初めまして、コメントありがとうございます!!
トラックは統一されてるぶん、確かに全体像としてイメージしやすくて、そこから個別に思い出しやすいですね。
80年代刑事ドラマ(というかドラマ全般に)に疎いのでちょっとどういうのかわかりかねますが…すみません。
でも確かに無骨な感じで、今の日本でアルバム丸々こういう音って作品は中々ない感じですよね。
ファンクイズム。
2009/09/07 1:52 AM by 遼
コメントする











04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--