RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< そこに自由の夢を見る | TOP | The Novel / Satussy >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
BACK AGAIN / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
 


1.Jah Jah Jah
2.カマゲン
3.SAYURI~skit~
4.王朝
5.Scranble
6.Phenomenon


★★★★★★★★☆☆

その理解度はともかく、20年の歳月をかけて少しずつ日本全土の現場に広がったHIPHOP。広がった裾野と比例してそのスタイルも当然の様に多様化していった。HIPHOPにベースを置きながらも、ジャズを取り入れる、Techno Animalよろしくメタルやダブも詰め込んでみる、ポエトリーに意識的に寄ってみる…。それを聴くリスナーの感想も「ジャジーでオシャレ」「パーソナルで詩的なリリックが素晴らしい」「今までのHIPHOPにはない感覚」などなど…。

勿論これらのスタイルや感想を批判するつもりなんて毛頭無くて、何が言いたいかというと、「HIPHOPから意識的に離れて冒険できるのは、そのシーンのど真ん中に聳え立つ直球スタンダードなHIPHOPの芯がブレずに堅持されてるから」に他ならないってこと。けだし様々な様式を取るようになった各々の音楽が、HIPHOPとしてきちんと評価されるのは漠然と、しかし心の中でそのイメージをどっしり構えている「HIPHOPたるHIPHOP」と相対的に比較できるからだ。日本のHIPHOPシーンが「猿真似じゃない日本独自のHIPHOPを」というスローガンの元、一気に音楽的広がりを見せたのも原点とすべき、振り返れば自分の音楽に相対的評価が付与される0地点がいつでもそこにあったからだ。そして2000年代、その持ち場を堅持し続けたのはこの怪物グループ、NITROに他ならない。

それはDABOのBMWでの活動からもわかるし、今作で初めて日本のシーンでの自分たちの役割を誇示した
王朝」からも伺える。リリックの意味より語感に重みを置いたフェイスレスリリックのはずが、8人中唯一自然体なリリックゆえ毎回思考回路が聴き手にもぽろぽろこぼれて来るBIGZAMのリリックの変化だってそうだ。オレオレリリック筆頭だった彼が「俺らなりに業界を盛り上げる」「シーンに貢献」なんて、もう立派に育ったなぁと変な親みたいな感慨深さまで感じますよ…。「安易にNITROに連帯感が!」というのとは確かに違うけど、動機が向上心からであれ、シーンにおいてかつてと異なる境遇での焦燥からであれ、以前のビジネスとしてのHIPHOPからその意識が変わってきたのは確実でしょう。

内容について述べると、「カマゲン
」の破壊力については皆さんYOUTUBE等でご確認の通り。Buzzer Beats製の、低音シンセをギャンギャンに弾いたダークネスなオフビートトラックがもう病み付き。"Dwon The Line"等の延長線にある、NITROの音楽的な面での遊び心がネクストレベルに達した新境地。一方これまでのイメージ通りに豪華絢爛なヴァイオリンループが印象的なワタライビーツ上で、HIPHOPの花形・ド派手マイクリレーをブチカマす「Scramble」も秀逸な出来栄え。(最後のDELIの歌が無ければ更に良かった…)この曲を筆頭に、今作においてはXBSの人称代名詞無しラップが絶好調であることはこのレビューで最も伝えたいところ。「核が違うんだよプランが 独走突っ走るゲームトップランナー」の音のハメ方の完璧さなんて天才的ですよ。この二曲が図抜けてて他の印象が薄いですが、DABOが全盛期を彷彿させる言葉運びを見せる「Phenomenon」なんかもお勧め。スキットを除いた5曲中3曲が8人参加という、以前では考えられなかったサービス精神だし、これを聴かずに2008年は語れない、HIPHOP総本山からの快撃。
web拍手
10:46 | NITRO MICROPHONE UNDERGROUND | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
10:46 | - | - | -
コメント
コメントする











06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--