RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< JAAAM!!! / 太郎&KEN THE 390 | TOP | 5th WHEEL 2 the COACH / スチャダラパー >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
∞〜無限大〜 / BEATMASTER



1.INTRO
2.BLACK SUNRISE
3.DJ NARI-NARI
4.∞~無限大~
5.BIT OF SHOWCASE
6.PREMIUM INVITATION
7.紺碧の痕跡
8.SWING BEATS
9.宵待草
10.DEPARTURE
11.SPRIGGAN’S MIC
12.RESPECT TO STAFF
13.空っぽの砂時計 feat.MASAO{SWING}OKAMOTO
14.HYBRID MC’S feat.BOMBER,LOVE PUNCH,GROUND THE FLOW
15.OUTRO


★★★★★★★★★☆





浜松から全国へ「日本語」を発信、BEATMASTERの2ndアルバム。イルマリアッチや餓鬼レンジャーと共に地方勢グループの先駆けとしてP-VINEレコードにプッシュされたBEATMASTER。しかし有名どころとfeat.し、早々にシーンの中心に立ったイルマリアッチ、餓鬼レンジャーとは正反対に、彼らはあくまで完全に地元での活動にこだわり抜いた。その結果知名度や音源の売り上げ等は確実に劣る事となったが、本当に地元一本で貫き通した彼らにもまた「本物の地方勢」と彼らの確固たる信念を感じさせられる。そんな彼らのスタイルは日本語の美しさを最大限引き出した「日本語ラップ」。KO-1、KENGOのリリックの端々に感じる選りすぐりの日本語の語感の気持ちよさは他のどんなグループにもない彼らのオリジナリティだ。このアルバムはそんな彼らの間違いなく最高傑作である。
とにかく捨て曲の見当たらない完璧な仕上がり。INTROからOUTROまで、アメリカのHIPHOPに必要以上に感化されているようなラッパーにはない、どこか日本らしい落ち着いた気品あるカッコ良さを持った音が流れていく。特に「∞"無限大"」や「PREMIUM INVITATION」、「紺碧の痕跡」なんかは名曲と言って差し支えない出来映え。派手さはないが本当に味のある、小気味良い日本語でのマイクパスが繰り広げられる。この三曲のためだけにでも買う価値があると言っていい程。「紺碧の痕跡」なんかはテンポの速い曲で彼らの滑舌の良さが際立ってカッコ良い、誰もがすぐ気に入るようなナンバーである。そして僕がこのアルバムの中で最も推したいのが「宵待草」だ。このBEATMASTERのトラックのほとんどを手掛け、ラップの上手さでも一歩抜きん出ている感じのあるKO-1のソロ曲。幻想的なトラックに乗っかるKO-1の詩的なリリックは上質な文学作品を読んでいるような気にさせられる。こういう曲を作り、ラップの出来るラッパーというのは今のアメリカのメインストリーム的なHIPHOPが横行するシーンにおいてとても貴重だと思う。
とにかく全曲全てが素晴らしい完成度を誇る間違いなく名盤と呼ぶべき作品。あえて不満を言うならばSKITが多い事だが、それもまぁ気にならない程度。THA BLUE HERBや降神やSTERUSSのような哲学的、文学的なHIPHOPや、韻踏合組合や名古屋、北海道、仙台勢のように地元を中心に活動するグループが評価されるようになった昨今、90年代から浜松に留まり地元一本でそんな文学的なHIPHOPを貫き通した彼らが居た事を忘れないで欲しい。哲学的になりすぎるわけでなく、王道である単純なアッパーチューンまで文学的で繊細な世界観でこなす事のできる彼らは遥かに抜きん出た実力を持つグループであった。先を行き過ぎた故に当時のシーンであまり目立たなかったのかもしれないが。とにかく多くの人に知ってもらい、手に取って聴いて頂きたい。この日本には2002年、地元でこのアルバムによって「日本語ラップ」のひとつの形を大成した、素晴らしくカッコ良い男達が居たのだ。
web拍手
12:48 | BEATMASTER | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
12:48 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/17
トラックバック

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--