RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< Lesson 1,2,3 / Life Earth | TOP | DABO 既発音源簡易レビュー集 >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
Infinity-ムゲン- / IQ


1.グループホームレス
2.夢追い人 feat.ANTY the 紅乃壱
3.Reset feat.MUMMY-D
4.月光
5.ハナウタfeat.Keyco
6.KARUMA feat.OZROSAURUS
7.Runnin' feat.KASHI DA HANDSOME
8.笑っとけ!!
9.最後の晩餐 feat.RUDE&RICE(FUSION FANDATION)
10.サクラサク-1999 Original Mix- / FUSION CORE
11.同期de桜 feat.Mr.POW&DJ ANA
12.黄金の男feat.GOCCI(LUNCH TIME SPEAX)
13.Dear family pt.2 feat.U-key
14.∞


★★★★★★★★★

言葉をあくまで音としての解釈の下、感覚的なHIPHOPを体現したEL DORADOにおいて、FUSION COREはやはり異端であったと思う。有機的なリリックを破壊力に置換して、デタラメな公式の下それらの言葉(後にリスナーにパンチラインと読み取られる事になる)を刺激的に配置していく。感覚的なリリック解釈が主流だったそのまっただ中に居て、あくまで言葉の力、ユニークさにこだわった姿勢。ただそうして変態グループとして扱われるFUSION COREの代表曲、「コアの方舟」と「サクラサク」は共に優秀なメッセージソングだ。言葉のスイング方法を知っている彼らだからこそ、そのメッセージにも力を持たせる事が出来る。以来彼らの曲においてこうしたポジティヴなメッセージ性は欠かせないものとなる。とすればIQの1stアルバム「愛求」は正にその姿勢をより見える形で表したアルバムだったわけで、あれを「メジャーに取り込まれた」だとか「ただのポップス」みたいに評する意見は全く的外れだと思う。

ただその大部分を一人で行った「愛求」には、ストレートすぎるリリックと、コンセプトアルバムとして似た類の曲が多く収録されていることから、いくらか気恥ずかしく、全体としては淡白な印象を受けた方もいるはず。(というかオレがそうでした)それに比べて今作は前作と違い、変にそのコンセプトを前面に押し出さない事で作品としての纏まりと純HIPHOP的な魅力を再獲得した作りに。数多くのゲストとガチンコでの共演もかなり楽しめて、アルバムとして聴かせる事を重視した結果、本来のメッセージ性と作品としてのエンターテインメント性を備えたという点で前作を遥かに上回る作品になりました。

ゲスト参加の曲は本当にどれも外れが無くて全曲お勧めな出来栄え。MUMMY-Dの節回しが相変わらず凝ってる「RESET」、大陸的なトラックが強烈なインパクトを残し、MACCHOもキレキレな「KARUMA」なんかはリスナーの期待度に見事応えてくれる楽曲でしょう。しかしこれらの曲の完成度をも超える名曲が3つあります。まず「ハナウタ」。IQの前向きな世界観を「愛求」でも支えてきたKeycoとの共演ですが、前作の「サンセットビーチ」とはその出来は段違い。ソウルフルなKeycoの歌声の魅力がここまで発揮された曲って無かったと思う。そして「同期 de 桜」。これはもう遂に復活したパンチライン製造機、Mr.Powの暴れっぷりに尽きます。ベースがイカしたトラックに乗せて「母の性器から出て18年」「こんな僕大統領出来ません」などなど…過去の曲と比べても五指に入るグッドワーク。最後にGOCCIを迎えた「黄金の男」。タイトルまんまの熱い男泣きチューンです。DJ KENTのノスタルジックなトラックが印象的な名曲。

結局前作を遥かに上回る完成度でお腹一杯にして頂きました。ソロ曲がもう2曲くらいあれば良かったかな、なんて贅沢な悩みが出てくるくらい。このブログの熱心な読者の方なら、オレが絶賛するレビューの時は普段以上に冗長で纏まりのない文章になる事はご存知のはず。ならば最近の記事で群を抜いて劇的ロングなこのレビューから、その熱さを感じ取って下さい。いや〜良いアルバムでした。風呂入って寝よ。
web拍手
23:11 | IQ | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
23:11 | - | - | -
コメント
コメントする











06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--