RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< 足跡の中すら旅出来ない | TOP | くLabelコンピ 其の五 その後は吾郎の五曲 / Kreva >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
MASTERPIECE / ラッパ我リヤ


1.こいつがウワサのTOKYO産
2.始まりの合図
3.ヤバスギルスキルNo.9 feat. satoshi(山嵐)、Yooco 
4.届くまで feat.Bamrainsidaz (Skipp&Ark)
5.愛と夢と
6.My Girl
7.Get It How I Live
8.Gariya Is Back!
9.ULTRASUPERSTAR feat.JESSE(RIZE)
10.MORIAGARU
11.HEY! HEY! HEY! feat.Minesin-hold
12.Music Is My Life


★★★★★★★★☆☆


遂に届いた7作目は、6thからの二年半の間に彼らが影響を受けた音楽がそのままアウトプットされた作品に。大別すると南部の音寄りにシフトした今作主力参加となったトラックメイカーJ☆STILLTON&山田マンと、Aggressive DogsやRIZEとの親交も深いためかロック的アプローチのクラップトラックを提供し、HOOKでは歌もふんだんに披露するQとの二つに分けられます。5th、6thで目覚ましい成長を遂げたTOSHIは、今作はスクラッチのみの参加に。しかしその理由も納得というか、前作までのTOSHIの音は今作には必要とされません。なぜってとにかくサウスノリの影響が凄まじく、山田氏とQが半数以上でオートチューンを使用し、トラックもクランクであったりCash Money Records系のポコポコしたサウンドがその多くを占めてるから。この点がこれまでの我リヤとは全く異なる点。このサウスノリが影響し、これまでのようなファンクネスなトラックは無くなり、ラップもビートに丁寧に刻んでいくのっそりしたテンポに。日本のベテラングループがここまで冒険した作品って中々無かったしその冒険心は買いますが、このノリについてこれる旧来からのファンはそう多くないのでは。
ただこうした影響を受けずに最も輝いているのが、「ヤバスギルスキルNo.9」。短く切ったギターサンプルとクラップビートが気持ち良いトラック上で、何よりHOOKを担うYOOCOの歌声がキてます。シリーズ中でも上位に入る力作。そして今作ではオートチューンがガッチリハマった「届くまで」や、ソロアルバムでも見せた歌声がいい味を出している「愛と夢と」と「MY GIRL」など、Qが相変わらず頑張ってます。特に「愛と夢と」は、、「ヤバスギルスキルNo.9」と並んでこれまでの名曲と十分渡り合える出来。一方山田マンは中途半端なオートチューンがコミカルさもお経フロウもうさんくさくしてしまって、パッとした働きはほとんど無し。前作での獅子奮迅の活躍っぷりからここまで凋落したのも凄い。
各曲一定の水準を保っているものの、こうした山田マンのまたブッ飛んだ変化もあって、それ以上のレベルには達せなかった曲ばかり。前述の曲と、YOOCO作のテクノトラックのパーティーチューン「MORIAGARU」が面白い感じかな。これからのアンセムとなる「Gariya Is Back!」が最もサウスノリに徹していたことを思えば、彼らの掲げる第二章とはこの路線なのかな。正直不安。

追記:って書いたけど、このアルバム後効き感が半端ないです。これは5thには及ばずとも、6thに並ぶくらいの作品かも。
web拍手
00:55 | ラッパ我リヤ | comments(5) | -
スポンサーサイト
web拍手
00:55 | - | - | -
コメント
今回の我リヤはちょっと肩透かしをくらった感が・・・。
僕的にはTOSHIを外したことが全く納得できませんねー。
『RG A.I.R.4th』が出た時以来の失望です。
走馬党員の参加がほとんどないのも寂しい限り。
まぁこうした迷走ぶり、試行錯誤をやめない姿勢が
我リヤの大きな魅力ではあるのですが。

2009/04/15 11:04 PM by page3
お久しぶりです!!
そうですね、いくらかいい曲もありますが、かなり好みは割れますしね…
作品としてはイマイチですが、サウス耐性のない日本語ラップリスナーにベテランがこんだけ勝負をかける、その姿勢は良いと思います。
次回で挽回してほしいな〜。
2009/04/15 11:28 PM by 遼
あとTOSHIを外したのは作風を統一するためでしょうが、それにしても勿体ないですね。
最近の彼はクラシック製造機と化してたのに…
2009/04/15 11:30 PM by 遼
「届くまで」(この曲は素晴らしい出来ですよね)にSkippとArkが参加してるのを忘れてました。Skippのリリックはかなりぐっときましたよ。
ところで三善氏はどうしてるんでしょうね・・・
2009/04/18 10:55 PM by page3
届くまでのQは、今作で唯一オートチューンが活きた出来ですね。
Skippさんはもう元々オートチューンみたいな声で…

三善さんはどうしてるんですかね。
オレも全く情報ないです…
2009/04/18 11:06 PM by 遼
コメントする











12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--