RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< TOKYO TRIBE 2 / MURO | TOP | 24 / DELI >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
鉄拳外伝 / 三善善三


1.怒号二〇〇一
2.鉄拳〜其の参 feat.Mine神-Hold
3.夕陽談義
4.激論!!日本列島 feat.Indemoral, Ark from Backgammon
5.鉄拳〜其の伍の前だから四? feat.Mine神-Hold
6.鉄拳〜其の伍(後) feat.Mine神-Hold


★★★★★★★★☆☆

6曲入り、うちラップのある曲は4曲、更に「鉄拳〜其の参」は前に発売した1stアルバムに収録。熱心なファンにとっては実質3曲で、それで1890円もするんだからちょっとなぁと思ったけど、現在廃盤だからこれから買う方は中古だろうしあんまり関係ないか。値段の事を抜きにして見れば良く出来たミニアルバムです。まぁ更に言っちゃえば「激論!!日本列島」以外の残りの2曲もコンピに収録されたりしてるから、いよいよもってやりきれないんだけれど。
走馬党と言えば意外とチルソングの出来が総じて良くて、2006年発売のポッセアルバムに収録された「夜と朝の間」なんかはもっと騒がれていいと思ってるんだけど、今作も激しい怒号が飛び交う中で唯一まったり流す「夕陽談義」が素敵。この他の2曲はもう走馬党の皆さんお怒りのようで、正座して聴かないとぶん殴られそうな勢いです。「激論!!日本列島」ではIndemoralとArkを迎え、四人でいいたい放題。客演陣の豪華さの割にそこまで図抜けた曲ではないけど、それぞれのMCがそれなりの仕事ぶりを見せてます。特にSkippさんは社会派ソングになると性格が一変し、必ず「引きこもってるオタク」を標的に数々の暴言を吐く事でファンの間では恐れられてるお方。この曲でもあの歌フロウでサラッと「ゴキブリ」呼ばわりしちゃったり、いつも朗らかなだけに怖いです。「鉄拳〜其の伍(後)」もシリーズ中最も聴き易く、三善さんのヴァースの踏み方がとんでもない事になってます。聴いてからのお楽しみ。
何度も言うように、収録曲が他のアルバムにもポンポン収録されてるもんだから影の薄いミニアルバムですが、01年の発売当時からすれば、多少高い値段を我慢して買っても満足出来る完成度となってます。ジャケもイカしてて、走馬党が最も勢いついてた時期であった事を改めて証明してくれる作品。
web拍手
16:11 | 三善善三 | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
16:11 | - | - | -
コメント
コメントする











12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--