RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< TAKI 183 TRACKS / Rino Latina II | TOP | TOKYO TRIBE 2 / MURO >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
SUPER HARD / ラッパ我リヤ


1.イントロ
2.yeahと言え!
3.ニセモノセイバツ
4.金
5.邦楽界
6.ヤバスギルスキル・パート3 feat.ARK
7.人間太鼓箱
8.中トロ
9.時間
10.交通警報
11.R.G.力学
12.LOVE SONG
13.もし俺が
14.言葉あそび feat.三善善三
15.走馬党 feat.走馬党
16.アウトロ


★★★★★★★☆☆☆

黄金期とされる90年代の日本語ラップが、今聴き直すと非常にダイナミックな作りである事に気付く。ZEEBRAの1stやペイジャーの諸作品(新作除く)なんかは、アメリカのHIPHOPフォーマットをそのまま持ってきて、さぁ物語の舞台を日本に変えるだけでその上でお手本のようなHIPHOPを成し遂げようじゃないか、なんていう豪快な力技で成立している。その頭でっかちな積み木の家みたいなギリギリのバランスがとんでもなくスリリングなわけ。それを考えると、今の「日本独自の道を探そう」なんて主張が僕には砕ける気概の無い逃げの姿勢にしか映らないわけだけど、要するにそんな集団意識下で「いいじゃんそれ使うけどあとは好き勝手やろうぜ!!」みたいなグループが出たらどうなるのか。その答えが登場した頃はモロホラーコア、後にアホノリダンススタイルの時期もあり特濃男汁も撒き散らす、このラッパ我リヤだったんだ、たぶん。果たしてその時彼らは異端児だったのか??

なんて話は長すぎるからまた別の機会に書く事にして。そうした状況・姿勢で挑んだ結果がこのユニークな1stだったんですよ。トラックのレベルがそう高いわけじゃないんだけど、それ以上にラップで立てて雰囲気を出した一枚。今作でテーマをこれ以上ないくらい限定化することでリリックに遊び心を持たせる事に成功し、彼らの作品はこのスタンスを現在に至るまで忠実に貫く事に。「時間」なんかはトラックの質も高くて今でも楽しめますね。

やっぱりトラックがシンプルすぎて、我リヤ作品の中では正直特に好みの作品ではなかったりします。「言葉遊び」なんかは完全にラップで持った曲だし。だけどそれ以上に、しかめ面でふざけるスタイルを確立できたことこそが今作の成果。恐らくは満場一致でARKの生涯ベストワークと評される「ヤバスギルスキル・パート3」以外そこまで好きな曲はあんまりないけど、文化財的な価値のある一枚。
web拍手
07:41 | ラッパ我リヤ | comments(0) | -
スポンサーサイト
web拍手
07:41 | - | - | -
コメント
コメントする











08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--