RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< KEMUI / BLUE SCREEN | TOP | H.R.C / 4 MIC >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
NORIKIYO / EXIT


1.INTRO :beatbox by KYN pro.SAC (SCARS)
2.RAIN :feat.SEEDA pro.大河 cut.DJ ISSO
3.DO MY THING :cut.DJ ISSO pro.ZIPSIES
4.いつもの話〜BUTTER〜 :feat. BRON-K.WAX&TKC pro.ZIPSIES
5.SKIT pro.I-DeA
6.黄昏公園 :cut.DJ ISSO pro.BACH LOGIC
7.23時各駅新宿 pro.BACH LOGIC
8.KANAGAWHAT 〜STAND UP〜 pro.FLAMMABLE
9.IN DA HOOD Pro.K-NERO
10.成田発 KUALA LUMPUR 2001 便 Pro.I-DeA
11.RODEO CHASIN' :feat.GANGSTATAKA(S.T)STICKY(SCARS) Pro.BACH LOGIC
12.2 FACE : feat.BES (SWANKY SWIPE) Pro.I-DeA
13.BULLSHIT :feat.SHIZOO Pro.BACH LOGIC
14.NEXT Pro.K-NERO


★★★★★★★★☆☆

既存の日本語でのラップスタイルとは一線を画す言葉の嵌め込み方。ダンス用語的に言うところの「音ハメ」と言えば丁度しっくりくるだろうか、とにかくラップに音の取りこぼしがない。その高水準のスキルにより止まることなく連射されてくる言葉が耳をロックする。そういう意味でラップアルバムとしてはかなり良く出来た代物で、最近のSDP周辺にハマっている方なら必ずといっていいほど満足できる出来だろう。曲単位で言えば共に旅情的なトラックで飛ばす快速チューン「DO MY THING 」と「IN DA HOOD」あたりが一際光り輝く。が、やはりBESを迎えI-DEAトラックであえて劇的に展開させる「2 FACE」が白眉だろう。冒頭でも述べた「音の取りこぼしがない」音ハメスタイルをとことん突き詰めたような素晴らしい曲だ。BESのノスタルジックなラップが最後に華を添える。あえて不満点を述べるとすれば実体験に基づいたリリック描写を標榜してはいるが、そのトピックからの帰着点にさほど幅がないことくらい。それでも純粋なラップアルバムとしては値段以上の価値を見出せる十分高い完成度の作品。

2007年COMPASS AWARDグランプリ作品
web拍手
19:31 | NORIKIYO | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
19:31 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/147
トラックバック

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--