RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< CO-KEY / アガッテキナ! / ONE LOVE2.0 feat.HI-D | TOP | NORIKIYO / EXIT >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
KEMUI / BLUE SCREEN


1.Reboot〜intro〜
2.BLUE SCREEN
3.ブルーカラーズ feat.VAL
4.大航海時代
5.Interlude:1
6.あの頃〜地下闘技場編〜 feat.漢
7.HAPPY&MONEY
8.ていたらく
9.CORE 2 DUO  
10.Interlude:2
11.青信号−blue signal− feat.RUMI
12.for M
13.RIGHT
14.灰色の日曜
15.Don't Sleep
16.Shut Down Outro


★★★★★★★☆☆☆


LIBRAファンには抜群のウケじゃないでしょうか、KEMUIの1st。T.TANAKAが主軸となって担当したトラック群は全体を通してよく統一されてます。あくまでビートを刻む本来の役割のみを果たす控えめなドラムに、透明感のある上ネタ。『GOD BIRD』や『無言の蓄積』などに感じる『不浄の中に溢れる清浄感』を徹底し、アルバム全体で表現しています。そこから生まれる適度なアングラ感とトリップ感のお陰で不思議と聴きやすい仕様に。音配置無視で小節単位でギッチギチに言葉を詰め込むKEMUIのラップも相変わらず高水準で、ストリートチックなやさぐれ感から一般層に寄り添ったポジティヴメッセージまで巧みに言葉を操り聴かせてくれるし。前者の代表例として最も勢いにのった「BLUE SCREEN」と「ブルーカラーズ」、後者の代表として「Don't Sleep!」などが挙げられます。なにせ言葉数が普通のラッパーよりも多いので聴き疲れしないこともないが、曲単位で見れば粒揃いの佳作。というかP-VINEからの発売って時点で品質は保証されてるでしょ。萌えフロウ最強の使い手のRUMIちゃんもいるよ!!

というのが以前の感想で、基本的に変わることはありませんが、今まで一年間聴いてきてちょっと各曲のインパクトが弱いかなという印象を受けました。纏まっているといえばそれはそれで素晴らしいことなんだけど、曲ごとにはっちゃけれてないというか、アルバムを曲単位に区切ったとき、似たような印象しか抱き得ないものが結構あるかな、と。それは彼のフロウの引き出しをもっと増やすことで容易に変えれる類のものであると思うので要するに原因は良くも悪くもそこ)、以降の作品でその辺りが改善されてればなぁと思う次第です。
web拍手
19:12 | KEMUI | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
19:12 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/146
トラックバック

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--