RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< お試しで | TOP | MICROPHONE PAGER / 王道楽土 >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
ANARCHY / Dream And Drama


1.Awakening
2.Composition of Pain
3.Fate
4.Blood In Me
5.60 Bars Dream
6.Interlude
7.Drama King feat.Tina
8.Forbidden Fruit feat.Hirom Jr.
9.Devil
10.Rock Star feat.Tina
11.Better Tomorrow feat.Hirom Jr.
12.My Words
13.Sky Limit


★★★★★☆☆☆☆☆


うーんこれはどうなんだろう。1stを聴いてないから前作と比較して述べることは出来ないけれど。少なくともDJ HAZIMEやRYUZOの作品に参加したときなんかの彼のラップはとても好きだし、HIPHOPという空間を支配した気になったようなセルフボースティングラップとは真逆の、最低辺からルサンチマンと化した言葉を怨念の如く叩きつけてくるスタイルは斬新だったと思う。

でもそんな彼の売りであった部分がこのアルバム一枚通して聴くとことごとく殺されてるんだよなぁ。まずほぼ海外発注で固めたトラックが総じてのっそりしていて、彼のラップの肝たる勢いを完封。具体的な名称まで挙げながら現場感を伴って生々しさを上積みする彼のラップは自然にリリックが情報過多にならざるを得なくて、勢いが殺された今作ではそのリリックが間延びして冗長に感じられるだけ。更にアルバム一枚通して聴かせる為にある程度必要な手段だとは重々承知ながらも、時折挿入される典型的なHIPHOP的価値観が物凄くマイナス。「60 Bars Dream」や各曲に散見される金や女がどうのこうのといったリリックは、血反吐吐きながら歌ったような生々しいリリックに混じって叫ばれると金メッキの如く安っぽい輝きしか放たないし、双方の良さを打ち消しあってるだけでしかないと思う。そもそも彼のスタイルに興味を持ったリスナーの、一体どれほどがそういった金ピカソングを望んでいるのかも疑問。クロニクルソング以外も上手くアルバムに織り込む為に彼が作るべきはそういう歌じゃないと思う。

そういう意味で彼が珍しく観客に向かって叫んだ、己の経験を踏まえて子供達に希望の路を優しく敷いてあげる「Sky Limit」みたいな歌が非常に意義を持ってくると思う。次回作以降アルバムに幅を持たせたいならこういった配曲バランスが物凄く大切なんじゃないかと。歌声で一気に曲をブルージーに染め上げるTINAとの「Drama King」の黒さなんかでは流石といった底力も感じさせてくれるし。そんなわけで今回のアルバムでは厳しい評価にならざるを得ないと感じる要素が沢山あったけど、次回作でモンスターMCとしての器のデカさを見せつけてくれる事を期待してます。
web拍手
00:56 | ANARCHY | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
00:56 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/141
トラックバック

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--