RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< 32 BLOCK PARTY Hosted by MURO / V.A | TOP | REMIX伝説 / ラッパ我リヤ >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
ペイン・キラー / ビートマスター



1.INTRO
2.軌道修正
3.FULL MOON’99
4.深夜問答
5.INTERLUDE
6.軌道修正
7.昨日見た夢feat.KAI
8.GROWING UP



★★★★★★☆☆☆☆


後に発表されることとなる傑作二作品に比べるとやや劣るでしょうか、「日本語でのHIPHOPの究極系」、ビートマスターの1stEP。餓鬼レンジャーやイルマリアッチと時を同じくして静岡から名乗りをあげた彼らですが、この頃から「日本語を如何に美しく聴かせるか」を突き詰めた魅力あるライミングを披露しています。一方で後に大きな進化を遂げることとなるKO-1のトラックメイキングはまだまだ荒削り。貧弱なビートに「とりあえず乗っからせてもらいますサーセン」と遠慮がちに弱弱しく鳴る上ネタ。90年代の日本語ラップ作品が陥りがちな図らずしてなってしまった、地味〜なトラックが殆どです。ただそんな中で別格扱いで取り上げるべき曲が一つ。そう、後に「FULLMOON2000」へと続くことになる「FULL MOON'99」です。もうこれは彼らの代表曲となるクラシック!!先程はボロカスに言った90年代特有の地味さを「渋味」に変えて完成した、夜の街をかっ飛ばして行くような気持ち良さ溢れる一曲です。ラップについてはとっくに合格点な二人なので、こんな奔るトラックがあれば超一級品のフロウの掛け合い。特にKO-1のキレキレっぷりは見事。そんな彼が自叙伝的にソロで語る「GROWING UP」や唯一DJ NARITA製作の「軌道修正REMIX」もそれなりに聴けるけど、やっぱりトラックの元気の無さは否定できず。やはり「FULL MOON'99」と、KO-1とKENGOの職人技ライムを楽しむ一枚でしょう。
web拍手
21:52 | BEATMASTER | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
21:52 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/132
トラックバック

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--