RATID -Realize A Thing In The Depths-

新年度からは下ネタを言わない。
<< JOY RIDE THE COMPILATION / V.A. | TOP | ペイン・キラー / ビートマスター >>
遼の最近読んだ本
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | -
32 BLOCK PARTY Hosted by MURO / V.A



1.INTRO / MURO
2.MOST WANTED / TAD'S A.C./FULL CONTACT/GORIKI
3.ANTEMBLE / THE BROBUS
4.D.U.F.U. / PAPER $OLDER$
5.RAP GAMER / TOP BLOW
6.SKIT #1 / MURO
7.YOUNG SUPA STAR / ESSENCIAL
8.SHOT TO GET ON / C.T
9.MICROPHONE RACE / VIKN
10.SKIT #2 / MURO
11.YEAH Y'ALL / MIKRIS/JBM
12.DO ME BABY / AKIRA
13.MAKE THE SUCCES STORY / U-ZIPPLAIN/SESAME/STANGAN
14.YOUNGSTA BOOGIE / WOODSMAN/CIAL/HIPSTER
15.OUTRO -SHOUT OUT- / MURO
16.32 BLOCK PARTY -ALL CAST FREESTYLE- / 32 BLOCK FOUNDATION


★★★★★★☆☆☆☆


MUROとYAKKO、そしてなんとP.H(現PAPER $OLDER$)が2004年当時の若手を中心にフックアップしたオムニバスアルバム。豪華な料理人と材料が揃った割に、当時そこまで騒がれてなくて不思議がっていた記憶があります。当時から名を轟かせていた水戸・千葉組にGOUKI、AKIRAから現在になってのしてきたTOP BLOWやESSENCIALまでが集結した興味深い構成。で、メンバーを見て惹かれるのは確かですが、肝心のMURO達サポート陣の手掛けるトラックがMCの魅力を存分に引き出せているとは言い難いものが大半で残念。2004年頃のMUROのファンクネスをそのまま投影したようなのっそりしたトラック(これがYAKKO作だと気付ける人はそういないでしょう)にやり辛そうに間延びしたHOOKが乗るBROBUSの「ANTEMBLE」、今度こそ正真正銘MURO印・いなたいファンク展開の「MOST WANTED」でのまさかのTAD'Sの空気っぷりなどはその典型(ただGORIKIの暴れっぷりは凄いです)。若手が多いこともあって渋みづくものよりももっと勢いづくトラックが多ければ良かったんじゃないかな。U-ZIPPLAINの外部仕事ではベストワークとも言えるほど彼の弾丸フロウが冴えわたる今作白眉の「MAKE THE SUCCES STORY」や、そんな直球のカッコ良さとは正反対のところでドロドロ気持ち悪い空気感を醸し出すESSENCIALの「YOUNG SUPA STAR」のように若手の特性をシンプルに活かした曲はかなり聴けるだけに余計に他曲でのちぐはぐっぷりが惜しくなってくる。結局「ごく普通」のポジションに(落ち着くべきではないのに)落ち着いてしまった無念さの残る一枚。参加MCが総出演のラストの一曲はお祭り気分でどうぞ。
web拍手
09:38 | V.A. | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
web拍手
09:38 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://in-the-depths.jugem.jp/trackback/131
トラックバック

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--